■役員運転手のハローワークでの求人内容は?

 

役員運転手の求人でハローワークでは、どのようなものがあるのでしょうか

 

 

 

 

企業の役員や公共団体の役員などを車で送迎する仕事である、役員運転手の
求人は、ハローワーク(職業安定所)でもあります。

 

 

ハローワークは全国の各地区にあり、そこへ行くと希望の仕事を探すことが
できます。

 

 

ハローワークはインターネットのサイトがあり、そこからでも検索することが
できます。

 

 

しかし、サイトで検索した場合に企業名や連絡先は、ハローワークに求人情報を
登録した人しか分からないようになっています。

 

 

もし、希望の求人があればハローワークに連絡して、面接の手続きを行います。

 

 

■サイトにある役員運転手の求人の内容は?

 

ハローワークが提供しているインターネットのサイトには、どのようなものが
あるのでしょうか。

 

 

 

 

ハローワークが提供しているインターネットのサイトで、都道府県を選択し
役員運転手のキーワードで検索すると、役員運転手の求人が表示されます。

 

 

求人を行っている事業所名や電話番号などが表示されるものと、表示されないものが
あります。

 

 

表示されないものは、ハローワークで求人情報の登録を行い、ログインすると
表示されると思います。

 

 

事業内容には、求人している企業の事業内容が表示されます。

 

 

職種には、役員運転手や車両運転業務と表示されます。
他の業務も合わせて行う場合には、その内容(役員秘書など)と表示されています。

 

 

雇用形態には、正社員での雇用か正社員以外での雇用かと表示されています。
正社員での雇用だと、求人している企業に正社員として就職できます。
正社員以外だと、契約期間のある雇用となります。

 

 

下の雇用期間にその内容が書いているようです。
例えば12カ月でその後、契約更新があるかどうかが書いてあります。

 

 

続いて、就業時間や休憩時間、時間外(残業)就業があるかどうかなどが書いて
あります。

 

 

また、賃金、賞与の内容があり、休日や就業場所、転勤の有無や加入保険等が
書いてあります。

 

 

その下には、仕事の内容と必要な経験や免許・資格などが書いてあり、
選考方法と応募に必要な書類などが書いてあります。

 

 

最後に受付を受理しているハローワーク(受理安定所)が書いてあり、そこへ
希望の人は応募すればよいようになっています。

 

 

■どのようなところから募集があるのか

 

役員運転手は、どのようなところから求人があるのでしょうか。

 

 

 

 

ハローワークにある役員運転手の求人は、2種類の企業から行われています。

 

 

ひとつは、送迎する役員の企業から直接応募している所です。

 

 

その場合の雇用の形態には、正社員としての雇用か正社員以外としての雇用
となります。

 

 

正社員として雇用されれば、その企業の他の業務の部署への移転も行える
ところがあるようです。

 

 

もし、役員運転手の仕事が無理だったら違う部署で働けるのですから、ありがたい
かもしれません。

 

 

正社員以外の雇用だと、契約期間が決められていてます。
12カ月(1年間)くらいのようです。

 

 

その契約期間が終わると、企業にとって希望する人材であれば、再契約してもらえる
ようですが、再契約してもらえないと、それで解雇となります。

 

 

役員運転手の求人のもうひとつは、派遣会社からの求人です。

 

 

役員運転手の仕事を依頼されている企業への出向という形になります。
勤務時間や給与などは、派遣会社の既定となります。

 

 

派遣先の企業が自分に合わなかったり、派遣先企業から断れた場合は、違う企業へ
派遣先を変えてもらうことができるでしょう。

 

 

企業に直接雇用された際の正社員以外の場合のように、解雇という形にはなりにくい
かもしれません。
何回も繰り返すと、ダメでしょうが・・。

 

 

 

■役員運転手の年収

 

役員運転手の年収はどれくらいでしょうか。

 

 

 

求人広告や転職サイトで一般に応募している役員運転手の給与は、派遣会社から
支払える給与となっています。

 

 

地域により差はありますが、労働時間は8:30〜17:30が基本です。
月収は45万円〜50万円で、年収は550万円〜600万円となっている
ようです。

 

 

この金額は、労働時間以外の残業時間の収入も含めての金額のようです。
時給や日給による条件での募集で、時給1200円、日給12000円という
募集のところがありました。

 

 

最初の3カ月間〜1年間は、給料は少なめということもあるそうです。

 

 

給料、労働時間は、配属される会社や役員によって大きく差があります。

 

 

待遇が良い会社で、労働時間が長い役員であれば、年収1000万円以上の稼ぎを
する人も多くいるそうです。

 

 

ただし、帰宅時間が深夜になったり、休日でも呼び出されたりするので、大変厳しい
労働となるかもしれません。

 

 

一日の予定を朝に打ち合わせして、スケジュールを組むのですが、予定が変更になったり
新しい送迎の予定が急に割り込まれることもあります。

 

 

 

■リクナビNEXTでの役員運転手の求人内容は?

 

リクナビNEXTで役員運転手の求人はあるのでしょうか。

 

 

 

リクナビNEXTは、リクルートグループが運営している転職サイトです。
転職サイトとしては、一番人気があるようです。

 

 

メールアドレスでIDを登録すると、名前や住所、連絡先、現在就業している
場合は、その仕事内容(会社名も含む)などの情報を入力します。

 

 

また、過去の職歴やアピールする点などを入力して、希望の職種を選択して
登録すると、希望に合った企業の求人案内がメールにて送られてきます。

 

 

この情報は「レジュメ(職務経歴書)」と呼ばれているようです。
求人案内のメールは「スカウトメール」と呼ばれています。

 

 

情報を登録しなくても、登録されている求人案内を検索して探すことも
できます。

 

 

TOPぺージで「役員運転手」と入力して検索すると、1件が検索されました。

 

 

「サービス、販売、運輸系 > 運輸、配送、倉庫関連 > ドライバー、配送スタッフ >」
のカテゴリーの中にあるようです。

 

 

■役員運転手の求人内容

 

リクナビNEXTで検索された求人の内容はどうなっているでしょうか

 

 

 

役員運転手とは、企業の役員や公共団体の役員を一日のスケジュールに
合わせて、車で送迎する仕事です。

 

 

リクナビNEXTでの役員運転手の求人は、以下のような内容でした。

 

 

・役員専属ドライバー〈普通免許ある方、2種免許あれば尚可〉の求人概要

 

 

@仕事の概要

 

 

道路に詳しく、運転に慣れている方を歓迎!
弊社では50年余、ハイヤー業などで培った技術やノウハウで
企業が保有する役員車や自家用車の、運行管理を担う請負事業を行っています。

 

 

社用車の運行管理をアウトソースする企業側のメリットは、人件費や経費の
削減ができること。

 

 

さらに高度な運転技術、きめ細かい接客マナー、守秘義務を身につけた
プロの運転サービス士による大きな“安心感”があります。
それはまさにコンシェルジュ。

 

 

景気の流れに伴い、運転手の需要は益々増加。
これまでの長年にわたる運転技術・人と接する仕事の経験は、大きな戦力と
なっております。

 

 

主に運転するのは、レクサス、クラウン、アルファード等。
憧れのあの車で、あなたもサービスのプロを目指しませんか。

 

 

仕事の内容としては、会社役員の専属運転手。朝晩のご自宅送迎、日中の車の安全・
運行管理 ★40〜50代活躍中!ということです。

 

 

A具体的な仕事の内容

 

 

「出勤場所から都内各所・近郊へ送迎する仕事です」
車両は、役員様ご自宅または会社の車庫から乗車して業務開始。

 

 

会社役員の専属ドライバーとして活躍して頂きます。
(洗車、ワックス塗り、クリーナー拭き、給油等の日常管理、保守点検整備含む)

 

 

運転業務のない時は控室で待機して頂きます。
※待機の時間は、本を読んだり地理の知識を付けるための時間に使えるのもメリット。

 

 

本社には緊急時対応のため、24時間体制で待機するスタッフがおり安心

 

 

B対象となる条件

 

 

学歴不問 ※普通第一種自動車免許必須 ◎業界未経験者歓迎 ★車好きな方

 

 

さらに、【具体的には】 <こんな方歓迎> とあります。
 ・都内・近郊の地理に詳しい
 ・思いやりを持った運転ができる
 ・明るい対応ができる
 ・携帯メールでのやり取りができる
 ・カーナビを扱える
 ・時間を守れる
 ・自分自身の健康管理に気を配れる
 ・一般常識やマナーがある
 ・車のメンテナンスができる

 

 

そして、勤務地が記述してありました。

 

 

C勤務時間、給与、福利厚生など

 

 

勤務時間:9:00〜18:00 ※残業有

 

 

給与:月給22万2500円〜45万円
(試用期間3ヵ月/月給22万500円〜44万8000円)

 

給与の補足です。
 ・経験・能力を考慮の上決定
 ・特にハイヤー・タクシー・役員運転手経験者は優遇
 ・別途、時間外手当、走行手当(走行距離による加算有)

 

 

待遇・福利厚生、賞与、有給などが書いてありました。

 

 

■求人に対して、応募するには

 

リクナビNEXTの求人案内に対して応募するには、どうすればよいで
しょうか。

 

 

 

リクナビの求人案内の内容が気に入って、応募したい場合の方法です。

 

 

求人案内の下にある「応募ページへ」という項目をクリックすると
専用の申し込みフォームが表示され、必要な事項を記入し送信します。

 

 

気に入っても、応募に迷った場合は、「検討中リストに追加」を選択すると
気に入った求人案内が記憶されるので、気に入った企業が複数ある場合など
比較検討する場合に利用するとよいでしょう。

 

 

専用の申し込みフォームを企業が、書類選考を行います。

 

 

書類選考に合格すると、面接の希望日を確認する連絡があります。

 

 

面接を行って、採用の内定がもらえることとなります。

 

 

■マイナビ転職での役員運転手の求人内容は?

 

マイナビ転職のサイトで役員運転手の求人はあるのでしょうか。

 

 

 

マイナビ転職は、東京千代田区にある株式会社マイナビが運営して
います。

 

 

知名度を上げるために、元AKBの「前田敦子」をイメージキャラクター
として登場させ、宣伝しています。

 

 

リクナビNEXTが業界ではTOPのようですが、そこへ追いつこうと
努力をしているようです。
サイトのデザインや機能面でも似ているようです。

 

 

マイナビ転職の会員に登録すると、「適性診断」、「企業からのスカウト」、
「検討リスト」、「新着求人メール」、「WEB履歴書添削」、「求人マッチング」
の6つのサービスが受けられます。

 

 

希望する職種でマッチングした求人案内を連絡してくれるだけでなく、自分に合った
仕事を適性診断してくれたり、履歴書を添削してくれるサービスもあり、
幅広いサービスを行っています。

 

 

しかし、求人情報の件数などは、現状ではリクナビNEXTには及ばない
ようです。

 

 

■マイナビ転職での求人内容

 

マイナビ転職での役員運転手の求人を探すには。

 

 

 

マイナビ転職では、会員登録すると希望する職種の求人案内を連絡して
くれますが、検索することもできます。

 

 

職種や業種だけでなく、勤務地や雇用形態、初年度年収などの検索項目
があります。

 

 

その他、本社の所在地や従業員数、募集の特徴や仕事の特徴、会社の特徴
や待遇・職場環境の特徴など細かい項目での検索が可能です。

 

 

キーワードでの検索もあるので、「役員運転手」と入力して検索してみると
3件の求人案内が表示されました。

 

 

カテゴリーは、海運・鉄道・空輸・陸運 >株式会社ドライバーズサービスセンター
にあてはまるようです。

 

 

しかしその内の1件は、女性対象の社長室のスタッフ(秘書?)の募集案内
でした。

 

 

残りの2件は、正社員としての役員運転手の求人でした。

 

 

■マイナビ転職での役員運転手の求人内容

 

マイナビ転職で、掲載している役員運転手の求人内容は?

 

 

 

 

役員運転手のキーワードで検索して表示された3件の中で、役員運転手としての
求人の内容です。

 

 

最初に「ここがポイント!」として、以下の内容が書かれていました。

 

 

・企業、官公庁の経営層が使用する役員車専任ドライバー
・英会話の得意な方大歓迎。苦手な方には日本人役員車を
・役員車、ハイヤー経験のある方は即配属。
・20代から60代まで幅広い仲間が活躍

 

 

この求人案内では英会話ができれば、外国人の役員がいる外資系の企業に
配置する人員を募集しているようです。
英会話ができなければ、通常の日本人の企業へ配置してくれます。

 

 

募集要項として次の内容が書かれていました。

 

 

@募集の背景
企業の概要と役員運転手を募集する理由が書かれています。

 

 

A仕事内容
具体的な仕事内容が書かれています。
また、以下のような役員運転手のポイントのようなことも書かれていました。

 

 

運転手付きの役員車が用意されているからといって、一日中、クルマで移動
しているようなお客様はまれです。

 

 

一日、1時間か2時間程度の運行以外の時間には、客先の待機室に身を置きつつ、
車両の状態を完璧に整えたり、渋滞や事故に備えて複数の運行ルートを検討して
いただくことになります。

 

 

マニュアルにとらわれず、臨機応変な対応に誇りを持って取り組んでいただける方
を歓迎します。

 

 

B求める人材
必要なスキルについて説明しています。

 

 

・自動車免許第一種(普通自動車免許)をお持ちの方
・日常会話レベルの英会話力のある方(ない方でも可)

 

 

お客様への心配りに自信のある方を、特に歓迎します!

 

 

【下記のような方を歓迎します】
◎日常会話程度の英語力のある方
◎自動車の運転や整備が好きな方
◎接客、サービス業など、人と接する仕事の経験をお持ちの方
◎コミュニケーション能力に自信のある方
◎定年まで同じ会社で働き続けたい方
◎お客様にご満足いただくために、地道な努力を続けられる方

 

 

Cその他
勤務地、勤務時間、給与、昇給・賞与、諸手当、休日・休暇、福利厚生の内容に
ついて書かれています。

 

 

この後には、会社の説明や社員のインタビューなども書かれていました。

 

 

■応募する方法

 

マイナビ転職で気に入った求人に応募する方法は。

 

 

 

マイナビ転職の求人案内の内容が気に入って、応募したい場合の方法です。

 

 

応募方法の上にある「この求人に応募する」という項目をクリックすると
専用の申し込みフォームが表示され、必要な事項を記入し送信します。

 

 

気に入っても、応募に迷った場合は、「検討リストに保存」を選択すると
気に入った求人案内が記憶されるので、気に入った企業が複数ある場合など
比較検討する場合に利用するとよいでしょう。

 

 

専用の申し込みフォームを企業が、書類選考を行います。

 

 

書類選考に合格すると、面接の希望日を確認する連絡があります。

 

 

面接を行って、採用の内定がもらえることとなります。

 

 

 

 

■キャリジェットでの役員運転手の求人案内

 

キャリジェットで役員運転手の求人案内はあるのでしょうか

 

 

 

キャリアジェット(CareerJet)」は、求人情報の検索に特化した
検索サービスです。

 

 

イギリスで始まったサービスで、現在では90カ国の求人情報が検索できます。

 

 

日本語版では1000万近くの求人情報が登録されているようです。
広告スペースが無く、シンプルで見やすいデザインとなっています。

 

 

TOPページでは、「求人検索サイトのキャリアジェット 1クリックで全世界
30539つの求人サイトに掲載されている41.856.023件の求人情報
にアクセス」とありました。

 

 

毎日随時、新しい情報に更新されています。
会員にならなくても利用することができます。

 

 

会員サービスはあります、 職務履歴書を作成して会員登録すると、希望の
求人案内をジョブアラートとしてメールしてくれます。
利用料金はかかりません。

 

 

キーワードや勤務地で検索できる他、役職や企業名、業種でも検索することが
できます。

 

 

また、「業種から選択」、「勤務地から検索」のタグをクリックすると、一覧から
選択することができます。

 

 

「世界のキャリアジェット」では、対応しているぞれぞれの国のサイトへ切り
替わります。

 

 

「検索履歴」では、今までに検索した内容を一覧で見ることが可能です。

 

 

キーワードで「役員運転手」と入力して検索すると、38件の求人情報が表示
されました。

 

 

勤務地と月給、仕事内容の一部が検索結果として一覧で表示されています。

 

 

■検索した役員運転手の求人内容

 

キャリアジェットで検索した役員運転手の求人内容は、どのような内容でしょうか

 

 

 

 

キャリアジェットで「役員運転手」すると、GoogleやYahooの検索結果
と同じように、スポンサーの案内と検索結果が表示されます。

 

 

そこから、勤務地や雇用形態(アルバイト、契約社員、正社員、短期など)で絞る
ことができます。

 

 

検索された求人情報には、勤務地や月給、仕事内容の一部が表示されるので、
それだけで希望のものを探すことが簡単です。

 

 

気に入ったものをクリックすると、「an」や「キャリアネット」などの他の求人サイト
のページが表示されます。

 

 

キャリアジェットは独自で求人内容を作成している訳ではなく、他の求人サイトへの
リンクを貼るための検索サイトなのです。

 

 

よって求人の内容は、各求人サイトにより変わってきます。

 

 

したがって、もし応募したい場合は、表示された求人サイトから申し込む形になります。
キャリアジェットを通して申し込むということはできません。

 

 

■キャリアジェットのメリット

 

キャリアジェットで求人を検索するメリットは?

 

 

 

キャリアジェットで求人案内を検索するメリットは、3つあります。

 

 

@多くの求人内容を一気に検索できる

 

 

多くの求人サイトの求人内容が一度に表示できるので、どこよりも多くの求人情報を
一気に検索し表示することができます。

 

 

検索される求人サイトには、「フロムエー」、「an」、「シフトワークス」、「はたらいく」、
「アルバイトEX」、「goo求人」、「@niftyアルバイト」などがあります。

 

 

Aスマートフォンでも検索可能

 

 

パソコンはもちろん、スマートフォンでもアプリをダウンロードすれば、キャリアジェット
の検索を実行することができます。

 

 

しかもアプリのダウンロードに代金は無料です。

 

 

B操作方法が簡単で早い

 

 

サイトに広告が無くシンプルなデザインで、GoogleやYahoo!の検索を行う感覚
で実行できます。

 

 

しかも、一瞬で多くの求人案内が、勤務地や月給、仕事内容の一部を表示してくれるので
選びやすくなっています。

 

 

■キャリアジェットのデメリット

 

一方、キャリアジェットのデメリットは?

 

 

 

キャリアジェットのデメリットとしては、次の3つがあると思われます。

 

 

@検索結果が多すぎる

 

 

キーワードによって、大量の検索結果が表示されます。
中には、なぜこれが検索されたの?というものもあり、希望のものを探すのに手間がかかる
場合があります。

 

 

検索結果を絞りたい場合に、キーワードに「−」を付けると、そのキーワードは外される
ようです。

 

 

例えば、「役員運転手 −タクシードライバー」と入力すると、タクシードライバーの
求人は外されます。

 

 

A全ての求人サイトを網羅している訳ではない

 

 

キャリアジェットですべての求人サイトの情報が表示されるわけではありません。
提携をしている求人サイトだけしか表示されません。

 

 

B応募するには、他の求人サイトの会員にならないといけない

 

 

キャリアジェットの検索で応募したい求人があった場合、実際に応募の申し込みを行う
には、キャリアジェットではなく、表示された求人サイトで会員登録を行わないと
申し込みが行えない場合があります。

 

 

 

役員運転手の将来性

 

役員運転手の職業は将来どうなるのでしょうか。

 

 

 

企業や団体の役員を、一日のスケジュールに合わせて送迎する仕事
が役員運転手です。

 

 

役員運転手という仕事は、将来少なくなるのでしょうか、それとも
増えてくるのでしょうか。

 

 

景気が悪くなり、企業や団体に役員運転手を雇う余裕が無くなるという
ことは、もちろん考えられます。

 

 

地域的に優良企業が多い所だと、求人も多いでしょうが、優良企業が
少ないと、求人も減ってくるかもしれません。

 

 

しかし、はっきりとは言えませんが、全体的には役員運転手の求人は
増えてくるであろうと思われます。

 

 

その理由としては、以下のことが考えられます。

 

 

@役員の高齢化
優秀な人は定年を過ぎても会社はいて欲しいようです。

 

 

A一日のスケジュールが増える
企業の運営に迅速な対応が求められています。

 

 

会議や打ち合わせなどを早く行い、方針を決定しないと運営に支障が
でるので、一日に移動する回数が増えてくるでしょう。

 

 

B会社は便利な人材を求めている
役員運転手は、車を運転するだけでなく違う仕事を任せられます。

 

 

役員の代わりに訪問したり、打ち合わせしたりすることもあるそうです。

 

 

会社の事業内容を理解し、困った時に助けてくれる人材を探している
ようです。

 

 

役員運転手に求められる人材

 

役員運転手には、どのような人材が求められるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の求人で、次のような人を募集していました。

 

 

・礼儀正しい言葉遣いができ、品のある立ち居振る舞いができる方
・責任を持って守秘義務を貫ける方
・運転が得意な方
・笑顔と気配りができる方

 

 

この役員運転手を募集している会社は、役員の送迎だけでなく役員の会社の
取引先へ役員の代わりに打ち合わせへ行くこともあると書いていました。

 

 

会社員として外部から見られても、見劣りしないような人材を求めている
ようです。

 

 

また、別の求人でも、応募の条件として次のことが書いていました。

 

 

・どんな時でも沈着冷静でいられる方
・人格があり、マナー・守秘義務が守れる方
・ホテルのドアマンの雰囲気を持った方

 

 

ずいぶん堅苦しいような感じがしますね。

 

 

しかし、一般的に役員運転手として求められるのは、以下にあてはまる
ような人のようです。

 

 

@役員と気が合うこと
車中では二人っきりになる場合がほとんどなので、役員と合わせられる人を
求めています。

 

 

A秘密厳守
役員と会話した内容や行動などを外部へ洩らさないことが絶対条件です。

 

 

B時間厳守
スケジュールの時間を守って移動できることが必要です。

 

 

そのため、移動地域の地理に詳しい人が求められます。
道路の事情に詳しいと心強いですからね。

 

 

C運転がうまいこと
人を乗せているので、安全運転が第一です。

 

 

急発進や急ブレーキ、急ハンドルなども行ってはいけません。

 

 

役員運転手の心得

 

役員運転手としての心得とは、何でしょうか。

 

 

 

役員運転手としての心得として言われていることのようです。

 

 

人を乗せて運転するドライバーの心得として、以下のことが大切です。

 

 

・人命を預かっていることを自覚し、慎重に安全に運転をすること
・決して油断をしないこと
・時間は確実に守れるよう努力をすること
・どんな場合でも冷静に判断すること
・自分の感情は、できるだけ出さないようにすること

 

 

タクシーの運転手とは違い、搭乗者を心地よく目的地まで届けるということだけが
役員運転手の仕事ではないことを心得ないといけません。

 

 

役員運転手は長く続けられるのか

 

役員運転手の仕事は、長く続けられるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手として採用される人の年齢は、45歳以降の人が多いようです。

 

 

なぜかというと、運転歴が長くないといけないという条件と役員と気が合う、
合わせられるという条件が多いので、どうしても高年齢となってしまうようです。

 

 

定年が60歳というのが多いので、50歳以降で採用されると、すぐに定年になって
しまうから、長く働けないと思うでしょう。

 

 

しかし、定年以降も働き続けられるところが多いようです。

 

 

それは、役員と気があった人を担当から外したくないというのが理由なようです。
なかなか会社にも役員にも合う人を探すのは、大変なのかもしれません。

 

 

収入もそれなりに貰えるかもしれません。

 

 

このように役員に気に入ってもらえれば、良いことが多いようです。
しかし、同じ役員ではなく違う役員の担当へ頻繁に変えられるところだと、役員と
気を合わせるのに時間がかかります。

 

 

気が合わない役員だと、精神的にも疲れてしまうので、役員運転手を止める人も
多いようです。

 

 

役員運転手の求人は、企業や団体が直接求人する場合と派遣会社が求人している
場合があります。

 

 

派遣会社だと、気が合わない役員なら配属先を変えてもらえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

役員運転手の静岡県での求人

 

役員運転手を静岡県で求人はあるのでしょうか。

 

 

 

静岡県は、太平洋に面する中部地方及び東海地方に含まれます。
県の人口は約370万人で都道府県別で第10位となっています。

 

 

緑茶やミカンなどの農業、マグロ、カツオ、桜エビなどの漁業の第一次産業
が知られていますが、製造の第二次産業も盛んです。

 

 

静岡市を中心にプラモデル会社・工場が集中しています。
全国での売上シェアが90%以上あります。

 

 

富士市では製紙産業が盛んです。
浜松市・磐田市周辺では楽器製造・オートバイ自動車製造・光電子技術産業
が盛んです。

 

 

役員運転手の求人は、どれくらいあるのでしょうか。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 静岡県」で検索すると、キャリアジェットでは2件、
Indeedでは、39件の求人が表示されました。

 

 

Indeedでは検索条件と合って無いようなものも多く検索されることがあるので
注意しないといけません。

 

 

静岡県は、産業も盛んですが、東は神奈川県、西は愛知県と大企業がある都市に
挟まれた位置にあります。

 

 

その関係から役員運転手の求人があるのではないのでしょうか。

 

 

静岡での役員運転手の求人の状況

 

静岡での役員運転手の求人の給与面などの状況は?

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 静岡県」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、39件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は29件、契約社員での募集は0件、
パートでの募集は3件ありました。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が31件、300〜400万円が8件、
400〜500万円が2件、500万円以上が1件となっています。

 

 

500万円以上の求人は、時給が2500円でのパートでの募集でした。

 

 

正社員としては、どのような求人があるのでしょうか。

 

 

静岡県での役員運転手の求人の例1

 

静岡県で募集している役員運転手の求人には、どのようなものがあるので
しょうか。

 

 

 

静岡県で募集している役員運転手の求人の例1です。

 

 

@勤務時間
8:00〜17:00(休憩1時間)
時間外出勤あり

 

 

A給与
当社規定により優遇

 

 

B休日・休暇
土曜・日曜・祝日

 

 

C勤務地
浜松市中区(当社契約先)

 

 

D待遇・福利厚生
社会保険完備・交通費規定支給

 

 

官公庁、会社、学校等の車両管理等を行っている会社で、車両の運転手、
役員の送迎運転手を募集しているようです。

 

 

 

静岡県での役員運転手の求人の例2

 

静岡県で募集している役員運転手の求人には、他にどのようなものがあるので
しょうか。

 

 

 

@勤務時間
10:00〜19:00(休憩あり)

 

 

A給与
固定給25万円以上

 

 

B休日・休暇
当社カレンダーによる(月15〜20日程度勤務)

 

 

C勤務地
静岡市

 

 

D待遇・福利厚生
各種保険完備、車通勤可、志太地区在住の方優遇

 

 

E資格
要普通免許、役員専用車両をご自宅で保管できる方

 

 

役員専用車両を自宅に保管して、送迎を行う珍しいタイプです。

 

 

役員を迎えに行く朝は、ゆっくりできるかもしれません。
ただ、休日にも急に呼び出しがかかるかもしれません。

 

 

休日にゴルフ場などへの送迎も行わないといけないところが、あるよう
です。

 

 

また、会社が終わった後の飲み会などへも送迎しないといけないことも
あるようです。

 

 

何軒もハシゴしたり、深酒するような役員だと大変そうですね。

 

 

でもこのような休日出勤や残業などが多いので、役員運転手の収入が
増えるのです。

 

 

役員運転手の仕事内容

 

役員運転手は、どのような仕事をするのでしょうか。

 

 

 

役員運転手とは、企業や団体の役員を一日のスケジュールに合わせて
移動を車で送迎をする仕事です。

 

 

役員のスケジュールにより、時間や内容は異なりますが、一般的な
仕事の流れです。

 

 

@役員を家まで迎えに行く
遅れないように注意しないといけません。

 

 

A一日のスケジュールを確認する
役員から言われたスケジュールを確認します。

 

 

時間やルートなどをチェックしておきます。

 

 

Bスケジュールに合わせて送迎する
時間を厳守しないといけません。

 

 

C急な予定変更や残業などに対応する
スケジュールの急な変更にすぐに対応できないといけません。

 

 

残業もあることが多いようです。

 

 

D役員を家へ送迎する
これで、一日が終わりです。

 

 

車に問題がありそうなら、明日までに対応する必要があります。
またこの後、報告書などを作成しないといけないかもしれません。

 

 

役員運転手の仕事は、車を運転するだけではなく、車の清掃や整備
を行わないといけません。

 

 

また、役員の会社の仕事の補佐を依頼される場合があります。

 

 

役員の会社から運転手を依頼される場合は、そのように会社の仕事を
依頼されることが多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

役員運転手になるための資格

 

役員運転手になるために資格は必要なのでしょうか。

 

 

 

役員運転手とは、企業や団体の役員を送迎する運転手の仕事です。

 

 

役員運転手になるために必要な資格は、自動車の第一種運転免許の
普通免許だけです。

 

 

普通免許には、ミッション車には乗れないAT(オートマチック)車限定と
いうものがあります。

 

 

役員運転手として求人している内容を見ると、AT限定でもOK!という
ところがほとんどのようです。

 

 

役員運転手として使用する車は、レクサスやセンチュリー、ベンツなどの
高級車が多いようです。
それらは、AT車がほとんどですからね。

 

 

タクシーやバスを運転する際に必要な第二種運転免許は必要ありません。

 

 

ただし、役員運転手の求人でタクシー会社が行っている場合があります。
タクシーの営業と役員運転手の営業を両方行わないといけない場合があると
思われます。

 

 

タクシー会社へ就職する場合は、第二種運転免許が必要となるかもしれません。

 

 

役員運転手には、普通免許を取得していれば応募できますが、他に条件が
あるところが多くあります。

 

 

役員運転手に必要な条件

 

役員運転手に必要な条件とは何でしょうか。

 

 

 

役員運転手に必要な資格は、普通免許だけですが、採用されるにはその他の
条件を満たさないといけません。

 

 

多くの役員運転手に求められる条件です。

 

 

@運転の経験が長いこと
運転の経験が長いということで、ていねいな運転ができるということを求めて
います。

 

 

急ブレーキや急発進をするような運転をするようでは、採用されないでしょう。

 

 

送迎する車はレクサスやセンチュリーなどの高級車が多いので、サイズの大きい
車の運転技術も求められます。

 

 

ベンツなどの外車の場合もあるので、左ハンドルの運転技術も求められることも
あります。

 

 

A無事故、無違反であること
最低3年以内は無事故、無違反であることが求められます。

 

 

 

B地理に詳しいこと
送迎する地理、道路事情に詳しいことが、求められます。

 

 

送迎する役員のスケジュールの時間通りに目的地へ到着することが、求められる
からです。

 

 

道が工事中で通行止めや渋滞の場合に、う回路を知っていることが重要です。

 

 

C人格的にしっかりしていること
以下のような人を求める会社が多いようです。

 

 

・礼儀正しい言葉遣いができ、品のある立ち居振る舞いができる方
・責任を持って守秘義務を貫ける方
・笑顔と気配りができる方

 

 

役員運転手は送迎する役員の性格に合わせる必要があります。
よって、年配の運転手の方が求人が多いようです。

 

 

一度、役員に気に入ってもらえれば、定年の年齢を超えても仕事を求められる
ことがあるそうです。

 

 

また、役員の会社の補佐をしないといけないことが多く、取引先へも役員の代わり
に行くということもあるそうです。

 

 

よって、社会人としての言葉遣いや気品や求められるのです。

 

 

D車の整備ができること
待機している時間に車の整備をしないといけません。

 

 

スケジュールで次の目的地へ行くまでに待機している間、車の清掃や整備を行い
途中で故障して止まってしまわないようにしないといけません。

 

 

 

役員運転手の心得

 

現役の役員運転手が心得としていることのようです。

 

 

 

担当する役員に対して、最大限の配慮を行わないといけないので、以下のような
ことを心得としているようです。

 

 

@朝の起床を確実にする為に、目覚まし時計を2個以上掛ける。
さらに心配の時は念の為、モーニングコールを頼んでおく。

 

 

A毎朝余裕をもって自宅を出発して、20〜30分前にはお客様の
自宅付近に到着しておき、車の清掃・トイレなどを済ませて、5〜10分前に
お客様の自宅前に車を着ける。

 

 

Bお客様お迎えのドアサービスを済ませたら、車の後ろを小走りに回って
運転席に着くようにする。

 

 

Cシートベルトは、発進前に装着する事。

 

 

Dお客様が、車をお降りになった後の席に忘れ物が無いか確認する。

 

 

Eお客様が、建物の中に入り姿が見えなくなるまで、その場でお見送りする。

 

 

F会社に到着した後、秘書または担当者と今日の予定を確認する。
又、小まめに確認し合う。

 

 

G車内の清掃は、新聞・雑誌は整理整頓、足元のマットはお客様が乗車の
時に必ず足元を見る為、毎回清掃するようにする。

 

 

Hタバコの吸殻入れは、タバコ一本でも必ず毎回清掃しておく。
(タバコを吸う方が、気持ち良く感じられるようにする。)

 

 

I運転サービス士の整髪料の香りや芳香剤などは、好き嫌いがあるので香り
の無いものを使用する。

 

 

J外出先で待機中に、電話が入ってきたら伝え忘れを防止する為に、用件を
メモすることを心がける。

 

 

Lゴルフの帰りなど足腰が疲れているときは、事前にスリッパなどを用意して
置き使用して貰うのも良い。

 

 

M守秘義務、業務上重要な情報は、一切他人に話をしない。

 

 

 

札幌での役員運転手の求人

 

札幌での役員運転手の求人には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

札幌市は、北海道にある政令指定都市で、道庁所在地および石狩振興局所在地
となっていて、10の行政区があります。

 

 

札幌市の人口(194万人)は全国の市の4番目に位置しており、北海道の
政治・経済・文化の中心都市です。

 

 

企業も札幌に集中しているようです。
役員運転手の需要はあるのでしょうか。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 神戸」で検索すると、キャリアジェットでは1件、Indeed
では、5件の求人が表示されました。

 

 

他の都市に比べれば、求人は少ないようです。
すでにお抱えの役員運転手が充実しているのでしょうか。

 

 

札幌での役員運転手の求人の状況

 

札幌での役員運転手の求人の給与面などの状況は?

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 札幌」で検索すると、キャリアジェットでは1件、Indeed
では、5件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は5件、契約社員での募集は0件、
パートでの募集は0件ありました。

 

 

推定年収は、200万円〜400万円が4件、400万円以上が1件となって
います。

 

 

推定年収400万円以上の求人は、タクシー運転手との併用での募集でした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

役員運転手求人の例1

 

札幌で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

札幌で募集している役員運転手の求人の例1です。

 

 

@雇用形態
正社員

 

 

A勤務地
札幌市

 

 

B年収
300万円?400万円まで
(経験・能力を考慮の上、決定いたします。)

 

 

C勤務時間
8:40〜17:25(実働7時間45分)

 

 

D待遇
・通勤交通費全額支給 
・社会保険完備(健康・厚生・雇用・労災) 
・有休休暇制度 
・定期健康診断 
・研修制度 
・その他

 

 

E休日・休暇
・完全週休2日制(土日祝)【年間休日:122日】 
・有給休暇、夏季・年末年始休暇、慶弔休暇

 

 

F仕事内容
・営業部長(支店長)の車両運転
・支店庶務(郵便物仕訳管理・支店清掃、他)

 

 

G応募資格
・普通自動車第二種免許有資格者必須
(タクシー・ハイヤー・バスドライバー経験若しくは、役員運転手等の実務経験
のある方歓迎)

 

 

H募集年齢
45歳以上、55歳以下

 

【制限理由】
長期勤続によるキャリア形成を図る観点から、若年者等を期間の定めのない労働契約
の対象として募集・採用するため

 

 

【選考プロセス】
STEP1:書類選考   
STEP2:面接+適性テスト
STEP:採用内定

 

 

 

役員運転手求人の例2

 

札幌で募集している役員運転手の求人は他にどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

札幌で募集している役員運転手の求人の例2です。

 

 

@雇用形態
正社員

 

 

A就業時間
交替制あり
9:00〜22:00の間の8時間程度

 

 

休憩時間:60分
時間外:あり(月平均25時間)

 

 

B月給
基本給:200,000円〜250,000円
賞与:なし

 

 

C休日
週休二日
その他:シフトにより月6〜8日

 

 

年間休日数:110日

 

 

D就業場所
北海道札幌市中央区

 

 

転勤:なし

 

 

E加入保険等
雇用 労災 健康 厚生 

 

 

定年制:あり 一律 70歳
再雇用:なし

 

 

F仕事の内容
・役員の送迎運転手
・車両清掃、管理
・庶務業務(保有施設の管理含む)
・その他(総務的な業務の補助もゆくゆくはお願いしたいと 思います)

 

 

G仕事内容
役員送迎運転手・庶務業務(施設管理他)

 

 

H採用条件
学歴:不問
必要な経験等:運転手歴10年以上
メール操作可能必須(できればPC操作可能が望ましい)

 

 

必要な免許・資格:普通自動車運転免許(AT限定可)

 

 

役員運転手の求人での注意事項

 

役員運転手の求人で注意しないといけない事とは何でしょうか。

 

 

 

 

札幌で募集のある役員運転手の求人の例を前項で2社あげました。

 

 

例1の会社では、支店庶務(郵便物仕訳管理・支店清掃、他)
例2の会社では、庶務業務(保有施設の管理含む)、その他(総務的な業務の補助
もゆくゆくはお願いしたいと 思います)とあります。

 

 

役員運転手として、役員を車で送迎する以外の仕事もしないといけないのです。

 

 

一般的にも役員運転手の仕事は、一日の就業中に車の運転だけを行うわけでは
ありません。

 

 

役員を目的の場所へ送迎して、また次の場所へ移動するまでは、待機していないと
いけません。

 

 

待機の時間中に何を行うかというと、一日のスケジュールの再確認と目的地への
ルート(道順)の確認です。

 

 

また、それだけではなく車の清掃や整備なども行うのが主な作業となります。

 

 

札幌での求人の例にある、その他の作業は明らかに会社の仕事のようです。

 

 

役員運転手を募集している会社には、役員の会社が直接募集をするタイプと
役員運転手を派遣する会社が募集しているタイプがあります。

 

 

求人の例にある会社は、2社とも直接募集しているタイプです。

 

 

会社が直接募集しているタイプだと、その会社の福利厚生などが受けられる
のですが、社員となるので、会社の別の仕事も任されるのです。

 

 

もし、役員運転手が何かの理由で続けられなくても、社員として別の仕事ができる
ので、ありがたいのかもしれません。

 

 

しかし、就職した会社の仕事も覚えないといけないので、会社の事業内容などは
応募前に確認しておいた方がよいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

神戸での役員運転手の求人

 

神戸での役員運転手の求人には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

神戸は、日本で6番目に人口(153万人)がある政令指定都市です。
山と海に挟まれた細長い市街地を持つ港町です。

 

 

1995年1月17日の兵庫県南部地震で大きな被害を受けましたが、急速に
復興しています。

 

 

少し北へ行くと坂道が多いので、車での移動が必要となるのです。
そのため、送迎する役員運転手の必要性は高いと思われます。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 神戸」で検索すると、キャリアジェットでは5件、Indeed
では、23件の求人が表示されました。

 

 

Indeedでは検索条件と合って無いようなものも多く検索されることがあるので
注意しないといけません。

 

 

幅広い業種の工場があり貿易業も盛んです。
大阪へも短時間で移動できるので、役員運転手の求人は多い方ではないかと
思います。

 

 

 

神戸での役員運転手の求人の状況

 

神戸での役員運転手の求人の給与面などの状況は?

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 神戸」で検索すると、キャリアジェットでは5件、Indeed
では、23件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は11件、契約社員での募集は8件、
パートでの募集は2件ありました。
同じ会社が複数の形態での募集を行っているようです。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が21件、300万円〜400万円が14件
400万円以上が1件となっています。

 

 

Indeedの検索では、検索条件に合っていないと思える検索結果が多く表示される
ので、よく調べないといけません。

 

 

推定年収400万円以上の求人は、タクシー運転手との併用での募集でした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

役員運転手求人の例

 

神戸で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

神戸で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

@勤務時間
8:45〜17:15
役員のスケジュール次第で早出・残業あり

 

 

A給与
月給25万〜30万円

 

 

B休日休暇
週休2日制

 

 

C待遇・福利厚生
社会保険完備、昇給年1回、賞与年2回(前年度実績4ヶ月分)、試用期間3ヵ月(同条件)
、交通費全額支給

 

 

D仕事内容
・各事業所や立ち寄り先への送迎を行います。 車種はセンチュリー等3台。

 

 

・役員車両の清掃、メンテナンス。
簡単な車両の点検も行い、万が一走行中トラブルがあれば指定業者にて対応します。
損害保険も完備しています。

 

 

・送迎だけではなく、役員の代わりにお伺いすることもあります。
マナー・礼儀・正しい立ち居振る舞いが必要な仕事です。
スーツ・ネクタイを着用して勤務してください。

 

 

E対象となる条件
要普通免許、年齢不問 未経験歓迎

 

 

・礼儀正しい言葉遣いができ、品のある立ち居振る舞いができる方
・責任を持って守秘義務を貫ける方
・運転が得意な方
・笑顔と気配りができる方

 

 

役員運転手や、会社運転手の経験がある方も歓迎とあります。

 

 

役員運転手の雇用の種類

 

役員運転手の雇用の種類と、それぞれの特色です。

 

 

 

役員運転手としての雇用の種類には、派遣会社が募集している場合と、送迎する役員の
会社が行っている場合があります。

 

 

派遣会社が募集している場合は、それほど派遣会社により差はないと思われます。

 

 

送迎する役員の会社が募集している場合は、採用されると役員の会社(大企業が多いかも)
の待遇の違いにより大きく差がある場合があります。

 

 

役員の会社へ雇用される場合のメリットです。

 

 

@その会社の福利厚生が受けられる
大きな会社は、おそらく良い条件だと思われます。

 

 

会社の業績により、賞与も多くもらえるかもしれません。

 

 

A会社の他の部署への配置換えが可能
大会社ゆえの潰しが効くというのでしょうか。

 

 

もし、役員運転手としての仕事がうまくいかなかった場合、解雇されずにその会社の他の
部署へ配置換えを行ってくれるかもしれません。

 

 

B大型休暇や社内慰安関連も受けられる
派遣会社では難しいでしょうね。

 

 

会社の営業日に合わせた出勤となれば、大型休暇がもらえるかもしれません。
会社社員のための慰安旅行や宴会などにも参加できるでしょう。

 

 

逆にデメリットとしては以下のことが考えられます。

 

 

@送迎の役員と相性が悪くても担当替えできない
送迎の担当となった役員と相性が合えば、仕事も楽しくなりますが、合わないと
時間外の仕事などがつらくなります。

 

 

派遣会社なら、違う企業へ担当を変えてもらうことが可能でしょう。

 

 

A会社の他の仕事も担当させられる
車での送迎以外の仕事を担当させられることがあります。

 

 

前項の求人内容にも役員の代わりに、取引先へお伺いすることがありますと
ありました。

 

 

会社の事業内容も詳しく把握しておかないといけないのかもしれません。

 

 

 

 

 

■オートシステムでの役員運転手の求人★

 

オートシステムでの役員運転手の求人内容は、どのようなものでしょうか。

 

 

 

株式会社オートシステムは、企業や団体の役員を送迎する運転手を管理、斡旋する
業務を行っている会社です。

 

 

具体的な募集は、具体的な内容はわかりませんでしたが、オートシステムのHP
によると、次のような募集を行っていました。

 

 

・募集内容
正社員と委託社員の2種類で募集しています。

 

 

@専任社員
役員運転手を正社員として採用する内容です。

 

 

60歳未満の方を募集しています。 定年は60歳です。

 

 

A嘱託社員
役員運転手を業務委託で採用する内容です。

 

 

60歳以上の方を募集しています。
おそらく、主に経験者やオートシステムの定年後の人を対象にしているものと
思われます。

 

 

「半年先に当社への就職を希望される方もご応募ください。」とありました。

 

 

・勤務エリア
首都圏、京阪神、中京の大都市が対象となっています。

 

 

@関東地区
首都圏に通勤できる運転士を募集しています。

 

 

A京阪神地区
大阪府、神戸市、京都市に通勤できる運転士を募集しています。

 

 

B中京地区
名古屋圏に通勤できる運転士を募集しています。

 

 

・保険の処遇
社会保険、健康保険に加入しています。

 

 

■オートシステムの事業内容★

 

オートシステムとは、どのような会社なのでしょうか。

 

 

 

株式会社オートシステムは、昭和51年12月23日に設立しました。
資本金は4000万円です。

 

 

会社は、本社が東京都中央区日本橋にあり、大阪支社が大阪市中央区高麗橋に
あります。

 

 

事業内容は、自家用自動車運行管理業と書かれていました。
役員車の運行管理請負を企業から行うのが、事業の内容のようです。

 

 

企業や団体から役員運転手の業務を委託され、運転手を派遣して業務を管理する
のが業務のようです。

 

 

主な取引先の企業には、三井住友銀行、三井住友フィナンシャルグループ関連各社
と一般優良企業・団体多数のようです。

 

 

従業員数は、平成28年6月30日時点で987名です。
送迎自動車の受託台数は、同じ日付で902台あります。

 

 

加盟団体として、一般社団法人「日本自動車運行管理協会」とありました。
「プライバシーマーク」という個人情報保護を守る認定を受けているようです。

 

 

役員運転手の業務を依頼される企業や団体向けに、提供するサービスの内容が
書かれていました。

 

 

・提供させていただく主なサービス

 

@企業の役員等VIP車の運行管理
弊社が、貴社のお車をお預かりし、自家用自動車運行管理サービスを提供します。

 

 

企業や各種団体の皆様は、役員車等VIP車などさまざまな自家用自動車
(いわゆる社用車)を保有されています。

 

 

自家用自動車運行管理サービスとは、長期的な契約にもとづき、そうした自家用自動車
の運行・管理を請け負う業務のことをいいます。

 

 

貴社が、自家用自動車運行管理サービスを委託されますと、貴社は自家用自動車の運転
に関わる求人、採用、採用後の安全運転教育・研修、健康・労務管理等から解放される
だけでなく、車両運行管理全般に関して計り知れない合理化効果が期待できます。

 

 

弊社の自家用自動車運行管理サービスが、必ずや貴社のお役に立つものと確信しております。

 

 

Aサービス内容
貴社のニーズに合わせた、最適な運行管理サービスを請け負います。

 

 

B運行業務
安心と信頼にもとづく快適な運行サービスを行います。

 

 

C運転士の採用・教育
貴社のニーズに適応した運転士を配置できるよう弊社が責任を持って採用・教育・研修を
行います。

 

 

D運転士の雇用管理・労務管理
貴社は委託契約にもとづく管理料等をお支払いいただくだけとなります。

 

 

運転士は弊社の社員でありますので、運転士の給与・賞与・社会保険等の計算や時間外勤務管理
、健康診断管理、休暇管理等の雇用管理・労務管理は、すべて弊社が行います。
運転士が休みのとき等の代務運転士の手配も行います。

 

 

E車両の管理業務
日常の点検・整備・洗車・清掃等車両管理全般を行います。

 

 

F万が一の事故処理
事故の際の事故処理手続きは、すべて弊社でお引き受けします。

 

 

と書かれていました。

 

 

■オートシステムへ依頼するメリット★

 

企業や団体がオートシステムへ、役員運転手を依頼するメリットとは、
何でしょうか。

 

 

 

役員運転手は、企業や団体側が自社で募集することが多いですが、オートシステム
のような会社へ委託する場合があります。

 

 

株式会社オートシステムのHPでは、役員運転手の業務を委託すると、以下のような
メリットがあると書かれています。

 

 

役員車の運行管理に豊富な実績を有しており、貴社の様々なご要望に的確にお応え
します。

 

 

@メリット1:経費の削減
アウトソーシングにより人件費や各種経費の削減が可能となります。
また、貴社の管理業務の合理化にもつながります。

 

 

Aメリット2:コスト管理の弾力化
貴社の業容の変化に応じ、運転士の増減が可能で、固定費の弾力化が図れます。
また、弊社の運転士の交替のご要望には速やかにお応えします。

 

 

貴社の運転士さんの弊社への転籍のご相談もお受けしております。

 

 

Bメリット3:雇用・労務管理及び教育・研修の負担の軽減
自前の運転士と違い、運転士の採用・教育・給与・社会保険料計算・健康診断等雇用
及び労務管理の必要がありません。

 

 

弊社の教育・研修は、安全運転教育だけでなく接客接遇教育や、守秘義務の遵守等
コンプライアンス教育も徹底して実施しています。

 

 

Cメリット4:価値ある「安全・安心・快適な時間と空間」のご提供
プロの専任運転士による優れた運転技術ときめ細かなサービスにより、お客様に
「安全・安心・快適な時間と空間」をご提供します。

 

 

お客様のご期待にプラス・アルファの価値あるサービスでお応えします。

 

 

Dメリット5:事故処理負担の軽減
万が一事故が発生した場合でも、当社の車両管理責任者が窓口となって事故処理
手続きすべてについて責任をもって対応します。

 

 

 

■東京での役員運転手の求人

 

東京での役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は企業や公共団体の役員を、一日のスケジュールに合わせて
車で送迎する仕事です。

 

 

東京には、多くの企業が存在しています。
特に本社の所在地が東京という会社が多いので、役員もそれだけ多く存在
するのは間違いないでしょう。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 東京」で検索すると、キャリアジェットでは100件、Indeed
では、350件ほどの求人が表示されました。

 

 

役員運転手の求人には2種類のタイプがあります。

 

 

ひとつは、送迎する役員の企業から直接求人しているタイプです。

 

 

役員の企業にそのまま就職できるということです。
福利厚生などの恩恵が受けられるという良い面があります。

 

 

もう一つは、役員運転手として企業へ派遣する派遣会社からの求人です。

 

 

どこの企業へ派遣されるかは不明ですが、送迎する役員と馬が合わなかったり
すると、派遣先の企業を変えてもらえることもあるでしょう。

 

 

■役員運転手の求人の内容

 

東京での役員運転手の求人の内容は?

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 東京」で検索すると、キャリアジェットでは100件、Indeed
では、350件ほどの求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は260件ほど、契約社員での募集は80件、
パートの募集は20件ほどありました。

 

 

それぞれを足すと、380件になっていしまいますが、正社員でも契約社員でも、
またはパートでも複数の条件で募集している求人が多いので、そのような
結果となっています。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が300件、300万円〜400万円が160件
400万円〜500万円が50件、500万円〜600万円が10件、それ以上が5件
となっています。

 

 

東京での役員運転手の求人は、他の地区と比べて、募集件数は格段に多い
(大阪では120件ほどでした)し、年収も多いと思われます。

 

 

やはり東京24区内に集中しているようです。

 

 

推定年収が600万円を超える募集には、運転業務だけでなく秘書という業務も
兼ねてのものがありました。

 

 

しかし役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占める
ようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

東京で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

東京で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

対象となる方:要普通免許。 業界未経験者も可。
(1)運転好きな方 (2)都内地理に詳しい方 (3)サービス精神旺盛な方

 

 

勤務地:中央区、千代田区、渋谷区等 都心

 

勤務時間:9:00〜18:00(正社員契約の場合)
     6:00〜23:00頃(パート契約の場合 月間約128時間)

 

 

給与:月給30万円以上(正社員契約の場合)
   時給1200円(パート契約の場合)

 

 

休日休暇:土・日・祝・年末年始

 

 

待遇・福利厚生:社保完備、賞与年2回、退職金制度有り、旅行補助(年1回)有り
(正社員契約の場合)
        労災保険あり(パーと契約の場合)

 

試用期間:最長3カ月

 

 

■役員運転手の仕事内容

 

役員運転手はどのような仕事をするのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は、担当の役員の一日のスケジュールに合わせて、車で送迎する業務です。

 

 

一般的な役員運転手の一日の仕事の流れです。

 

 

@朝、役員の家へ迎えに行きます。
当たり前ですが、遅れてはいけません。 余裕をもって到着しましょう。
車もきれいな状態で行くようにしないといけません。

 

 

A一日のスケジュールを確認する。
まず、役員を自宅から会社まで送迎します。
そして、一日のスケジュールを通知されます。

 

 

そのスケジュールに合わせて送迎の道順や、所要時間等の確認を行います。

 

 

B送迎を開始する。
急にスケジュールの変更があったり、割り込みのスケジュール等が入ることも多いと思われる
ので、対応が必要です。

 

 

送迎は担当の役員だけでなく、他のお客様などの複数の人を送迎することも多いでしょう。

 

 

C帰宅のため家まで送迎する。
仕事が終われば、会社から役員の自宅まで帰宅の送迎をします。

 

 

これで一日の仕事は終わりですが、残業は当然のようにあるかもしれません。

 

 

まず、付き合いの食事などの打ち合わせがあることです。

 

 

食事の場所への送迎などが必要となります。 二次会や三次会など場所を移動することも
多いでしょう。 当然、終わるまで送迎しないといけません。

 

 

また、休み日などにゴルフなどの送迎を頼まれることも多くあります。

 

 

このように作業時間外の残業が多くあることも役員運転手の仕事の特徴でもあります。

 

 

 

■埼玉での役員運転手の求人

 

埼玉での役員運転手の求人には、どのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

埼玉県は、人口が東京、神奈川、大阪、愛知に次ぐ全国第5位で、人口密度は
全国第4位の関東地方の県です。

 

 

東京都のとなりの県というのもあってか、東京へ通勤する人のベットタウンとしての
役割もあるようです。

 

 

東京に比べて土地代も安いことで、本社を埼玉に置く企業も増えてきているようです。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 埼玉」で検索すると、キャリアジェットでは1件、Indeed
では、87件の求人が表示されました。

 

 

Indeedでは検索条件と合って無いようなものも多く検索されることがあるので
注意しないといけません。

 

 

役員運転手の求人は、増えてはきているようですが、それほど多いものではありません。

 

 

■埼玉での役員運転手の求人の状況

 

埼玉での役員運転手の求人の給与面などの状況は?

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 埼玉」で検索すると、キャリアジェットでは1件、Indeed
では、87件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は69件、契約社員での募集は34件、
パートでの募集は7件ありました。
同じ会社が複数の形態での募集を行っているようです。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が78件、300万円〜400万円が33件
400万円以上が1件となっています。

 

 

Indeedの検索では、検索条件に合っていないと思える検索結果が多く表示される
ので、よく調べないといけません。

 

 

推定年収400万円以上の求人は、会社の役員の募集でした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

埼玉で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

埼玉で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

就業時間:8:00〜17:30
休憩時間:90分
時間外:あり 月平均26時間

 

 

月給: 基本給+時間外手当 20万円〜30万円
住宅手当:3000円〜5000円
食事手当:6300円

 

皆勤手当:7000円
家族手当:配偶者 5000円、子女等 2000円
賞与:あり 年2回・計1.5か月分

 

 

休日:日、祝、週休二日
年間休日数:107日

 

 

育児休業取得実績:なし
転勤:なし

 

 

加入保険等:雇用、労災、健康、厚生 
企業年金:厚生年金基金
退職金制度:あり 勤続5年以上

 

 

定年制:あり 一律 60歳
再雇用:あり 65歳まで

 

 

仕事の内容
・社有車による役員の送迎業務
 会社から出発して会社に到着するのが原則ですが、場合によっては役員の
 自宅への発着もあります。
・運転業務以外で一部事務作業及び業務補助作業を担当して頂く場合があります。
・運転手経験ある方歓迎します。
・事務職・営業職経験ある方歓迎します。

 

 

学歴:高卒以上
必要な経験等:不問
必要な免許・資格:普通自動車免許(AT限定可)

 

 

求人条件にかかる特記事項
・業務の都合上、就業時間を変更することがあります。
また、早朝・夜間・休日に勤務して頂く場合もありますので、フレキシブルに対応できる方
を希望します。
・安全運転ができ、ある程度のマナーを身に付けている方を希望します。

 

 

とありました。

 

 

■役員の企業へ雇用するメリット、デメリット

 

送迎する役員の企業へ、雇用されるメリット、デメリットです。

 

 

 

 

役員運転手として募集している会社は、派遣会社が募集している場合と、送迎する役員の
会社が行っている場合があります。

 

 

送迎する役員の会社が募集している場合は、採用されると役員の会社(大企業が多いかも)
へ就職できるので、メリットが大きいと感じるかもしれません。

 

 

その場合のメリットです。

 

 

@その会社の福利厚生が受けられる
大きな会社は、おそらく良い条件だと思われます。

 

 

会社の業績により、賞与も多くもらえるかもしれません。
前項の募集の場合、企業年金が受けられるようです。

 

 

A会社の他の部署への配置換えが可能
大会社ゆえの潰しが効くというのでしょうか。

 

 

もし、役員運転手としての仕事がうまくいかなかった場合、解雇されずにその会社の他の
部署へ配置換えを行ってくれるかもしれません。

 

 

B大型休暇や社内慰安関連も受けられる
派遣会社では難しいでしょうね。

 

 

会社の営業日に合わせた出勤となれば、大型休暇がもらえるかもしれません。
会社社員のための慰安旅行や宴会などにも参加できるでしょう。

 

 

逆にデメリットとしては以下のことが考えられます。

 

 

@送迎の役員と相性が悪くても担当替えできない
送迎の担当となった役員と相性が合えば、仕事も楽しくなりますが、合わないと
時間外の仕事などがつらくなります。

 

 

派遣会社なら、違う企業へ担当を変えてもらうことが可能でしょう。

 

 

A会社の他の仕事も担当させられる
車での送迎以外の仕事を担当させられることがあります。

 

 

前項の求人内容に、「運転業務以外で一部事務作業及び業務補助作業を担当して頂く場合が
あります。」とありました。

 

 

また、「事務職・営業職経験ある方歓迎します。」とあるように他の業務もできる人を
歓迎しているようです。

 

 

B会社が倒産すれば無職となる
勤めている会社が倒産すれば、次の日から急に無職となります。

 

 

 

■千葉での役員運転手の求人

 

千葉での役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は企業や公共団体の役員を、役員の一日のスケジュールに合わせて
車で送迎する仕事です。

 

 

千葉県は、成田国際空港をがあり、東京湾アクアラインや首都圏中央連絡自動車道など、
交通機関も発達しており、首都圏への移動も便利です。

 

 

東京に比べて土地代も安いことで、本社を千葉に置く企業も増えてきているようです。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 千葉」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、181件の求人が表示されました。

 

 

首都圏へ空港へだと、ちょっと送迎する距離が長いので、到着時間を計算するのが大変かも
しれませんね。

 

 

車の整備もそうですが、ガス欠にならないようにガソリンの残量をコマメにチェックする
必要がありそうです。

 

 

■千葉での役員運転手の求人の内容

 

千葉での役員運転手の求人にはどのようなものが多いのでしょうか。

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 千葉」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、181件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は46件、契約社員での募集は18件、
パートでの募集は9件ありました。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が45件、300万円〜400万円が12件
400万円以上が3件となっています。

 

 

Indeedの検索では、検索条件に合っていないと思える検索結果が多く表示される
ので、よく調べないといけません。

 

 

推定年収400万円以上の求人は、会社の役員の募集や役員を相手にするスナックの
求人がほとんどでした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

千葉で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

千葉で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

仕事詳細
・会社役員の専属運転手として乗務し送迎業務をしていただ きます。
・礼儀正しく機転の利く対応が必要です。
・社内秘密を守っていただきます。
・役員が移動する時に常に行動を共にし買い物等雑務等もお願いします。
・洗車などの業務もあります。
・左ハンドルの車(ベンツ等)の運転をすることもありま す。

 

 

雇用形態:正社員
就業時間:8:30〜19:00

 

 

基本給(月額平均):25万円
賞与:あり 前年度実績 年2回

 

 

休日・休暇:土曜、週休、夏期、年末年始
年間休日:110日

 

 

資格:普通自動車免許(ハイヤー運転手経験者優遇)
年齢:18歳〜59歳
学歴:高卒以上

 

 

求人条件にかかる特記事項
地理に詳しい方、サービス精神と礼儀正しく機転の利く対応ができる方

 

 

とありました。

 

 

■役員運転手は企業にとって大切な人

 

能力のある役員運転手は、企業にとって大切な人のようです。

 

 

 

役員運転手の年齢は、一般の定年に近い高齢の人が多いそうです。
定年を超える年齢でも役員運転手として働いている人も多くいる
ようです。

 

 

なぜかというと、企業がベテランの運転手を望み、いい人だといつまでも
いて欲しいからです。

 

 

担当の役員と仲が良くなって、役員が手放したくないと思われると仕事の
満足感も大きくなるでしょう。

 

 

元タクシー運転手という年配の役員運転手も多いそうです。
企業がタクシー業者へ依頼しているのでしょうか。

 

 

タクシー運転手の経験があれば、運転技術は高いし路線地理にも詳しいし、
お客様の乗車にも気配りができるので、条件はほぼ揃っているからでしょう。

 

 

愛想の悪いタクシー運転手も中にはいますが・・

 

 

■人に気に入られるようになるには

 

役員に気に入ってもらうにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

 

担当の役員と仲がよくなるというのが、仕事をスムーズにする一番の得策です。
仲が良くなるにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

趣味が合うというのが最初のポイントです。
この前タクシーに乗った際に、タクシー運転手のプレートに趣味「つり」と
書かれていました。

 

 

しかし、担当の役員と最初から対等に会話をするのは、よくないでしょう。
友人を募集しているのではなく、あくまでも仕事の補佐を求めているのですから。

 

 

多く話をするのが好きな人もいれば嫌いな人もいます。
担当の役員が自分をわかってもらうようにするのではなく、あくまでも役員に最大限の
配慮を行うというところから始めないといけません。

 

 

配慮の努力が実る場合と逆に反感を買う場合もあります。
試行錯誤を繰り返しながら時間をかけないと、信頼というものは生まれないのでしょう。

 

 

 

■神奈川での役員運転手の求人

 

神奈川での役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は企業や公共団体の役員を、役員の一日のスケジュールに合わせて
車で送迎する仕事です。

 

 

神奈川は、横浜市という全国第2位の人口を有する都市があります。
観光や貿易などの事業が盛んなので、関連する大きな会社も多く存在しています。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 神奈川」で検索すると、キャリアジェットでは0件、Indeed
では、129件の求人が表示されました。

 

 

■神奈川での役員運転手の求人の状況

 

神奈川での役員運転手の求人の状況はどうでしょう。

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 神奈川」で検索すると、キャリアジェットでは0件、Indeed
では、129件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は44件、契約社員での募集は6件、
パートでの募集は6件ありました。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が84件、300万円〜400万円が31件
400万円〜500万円が16件、500万円〜600万円が3件、600万円以上が
2件となっています。

 

 

Indeedの検索では、検索条件に合っていないと思える検索結果が多く表示される
ので、よく調べないといけません。

 

 

600万円以上の求人では、企業の役員の募集というのがほとんどでした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

神奈川で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

神奈川で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

雇用期間:雇用期間の定めあり(4ヶ月未満)
契約更新:3カ月後に更新

 

 

年齢:18歳以上
就業時間:9:00〜24:00間の8時間

 

 

休憩時間:60分
時間外:あり(月平均30時間)

 

 

月給:基本給 16万円〜19万円
   職務手当 2万円
   定額残業手当 12万円〜14万円

 

 

定額残業手当は、時間外の有無にかかわらず80時間分の時間外手当を固定残業代
として支給し、80時間を超える時間外労働分は法定通り追加で支給

 

 

賞与:年1回 または 32万円〜38万円

 

 

休日:日曜、祝日、他
  週休二日だが月1〜2回土曜日出勤の可能性あり
年間休日数:105日

 

 

育児休業取得実績:あり
転勤:なし

 

 

加入保険等:雇用、労災、健康、厚生
退職金制度:あり(勤続2年以上)

 

 

定年制:60歳
再雇用:あり 65歳まで

 

 

学歴:高卒以上
必要な経験等:普通自動車免許(AT限定可)

 

 

時間外労働については特別の事情が生じた場合、労使の協議を経て6回を限度として
1ヶ月80時間まで延長することができ、1年500時間まで延長することができる。

 

 

9:00〜00:00の間で実働8時間程度
(休憩1時間 待機時間4〜8時間) 36協定届出済み(特別条項付き協定あり)

 

 

とありました。

 

 

■役員運転手に求められるもの

 

企業は役員運転手にどのような人を求めているのでしょうか

 

 

 

役員運転手として、最低限求められることは、以下のことです。

 

 

@時間厳守
役員の自宅へ迎えに行く時間は、遅れてはいけません。

 

 

一日のスケジュールを確認し、それぞれの場所へ遅れないように送迎する
ことが大切です。

 

 

A秘密厳守
役員と車内で話したプライベートや会社のことを外で話をしてはいけません。

 

 

どこへ送迎したとか誰と会ったなども、絶対秘密です。

 

 

B車の整備、清掃
送迎する車が途中で止まってしまったりしないようにしないといけません。

 

 

ガス欠にならないようにするのは、当たり前ですが、エンジントラブルを
起こさないよう、空き時間にエンジンルームをチェックする習慣をつけないと
いけないそうです。

 

 

また求人の内容に、このような人に来てもらいたいということが、書かれていました。

 

 

 ・送迎の対象となる地理に詳しい
 ・思いやりを持った運転ができる
 ・明るい対応ができる
 ・携帯メールでのやり取りができる
 ・カーナビを扱える
 ・時間を守れる
 ・自分自身の健康管理に気を配れる
 ・一般常識やマナーがある
 ・車のメンテナンスができる

 

 

■役員運転手になるためには

 

役員運転手になるために努力することは

 

 

 

役員運転手になるためには、前項の求められる最低限のことは守らないといけません。

 

 

その他、役員運転手になるために身につければよい事柄とその方法です。

 

 

@送迎の対象となる地理に詳しくなる

 

 

生まれ育った地区なら当然詳しいし、普段からよく通っている地区であれば
問題はないのでしょう。

 

 

しかし、あまり通ったことが無いような地区であれば、事前に調べておく必要
があります。

 

 

車にナビが付いていて、ナビが支持する通りにいけばよいというだけではいけません。

 

 

もし、道路が渋滞していた場合などに他のルートを選択する必要があるからです。
時間通りに目的地へ着かないと送迎の役割となりません。

 

 

事前に地図をチェックし、自分の車で移動してみることが大切です。
一方通行が多い地区なら、チェックしておかないと交通違反となってしまいます。

 

 

A上手な運転をする

 

 

人を乗せて運転するのですから、細心の注意を払わないといけません。

 

 

事故を起こさないようにすることはもちろん、急発進、急ブレーキ、急ハンドルは
厳禁です。

 

 

できるだけ手前でブレーキを踏むようにし、ゆっくり止まるようにすると、乗っている
人も安心して同乗する気分になるそうです。

 

 

B役員に気に入られる態度、言動を行う

 

 

これは、担当する役員に会ってみないと、役員がどういった人柄かわからないので
難しいでしょう。

 

 

ただ、最初からしゃべりすぎないようにした方がよいかもしれません。

 

 

しかし、役員が車を乗り降りする際にドアを開け閉めする際には、安全を確認すること
などの配慮は大切です。

 

 

また、雨の時は濡れないようにカサをさしてあげたり、ゴルフの時には足がむくんだり
するので、スリッパを用意したりと、色々な心配りを心がけましょう。

 

 

■トヨタ車体での役員運転手の求人

 

トヨタ車体で役員運転手の求人はあるのでしょうか

 

 

 

トヨタ車体株式会社は、トヨタグループの主要13社のひとつであり、
トヨタ自動車の子会社です。

 

 

トヨタ車の主にミニバン、商用車、SUV車の企画、開発、製造を
行っています。
従業員数は17511名で、売上高は17147億円の大会社です。

 

 

事業所は本社/富士松工場が愛知県刈谷市に、いなべ工場が三重県いなべ市
に、吉原工場が愛知県豊田市吉原町、刈谷工場が愛知県刈谷市、寿 新規開発センター
が愛知県豊田市寿町にあります。

 

 

代表取締役は4名、取締役・専務役員は7名、常務役員は15名のようです。

 

 

役員運転手の求人は、求人サイト(ハローワーク、リクナビNEXT、マイナビ転職、
キャリジェット、Indeed)で探した結果、現在では見当たりませんでした。

 

 

■役員運転手の求人

 

役員運転手になるには、どのような方法があるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手になるには、次の方法があります。

 

 

@求人広告や転職サイト、ハローワーク(職業安定所)で探す
求人案内に掲載されている会社へ応募する方法です。

 

 

A知人に紹介してもらう
役員運転手を募集している会社に知人がいれば、力強いでしょう。
いわゆるコネというものですね。

 

 

現在、役員運転手を行っている人から紹介してもらうのもよい方法
でしょう。

 

 

B社内で移動してもらう
もし現在、会社に勤務していて自分の会社の役員の役員運転手に
なりたい場合は、人事部などに相談してみる方法です。

 

 

会社へ直接出向いて、飛び込みで応募する(電話でのアポイントメントは
必要です)という方法もあるかもしれませんが、期待は薄でしょう。

 

 

■役員運転手の雇用先

 

役員運転手になると、どこに雇用される形になるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手となった場合には、どこに雇用されるかというと2つのパターンが
あります。

 

 

@役員の企業に直接雇用してもらう
送迎を行う役員の企業へ就職させてもらうパターンです。

 

 

企業の福利厚生などの恩恵を受けることができます。
しかし、その企業の他の業務も行うことを支持されるかもしれません。

 

 

A役員運転手を扱う派遣会社の社員となる
役員運転手を企業へ派遣している派遣会社の社員となるパターンです。

 

 

どこの企業へ派遣されるかはわかりません。

 

 

もしかすると、トヨタ車体は派遣会社から役員運転手を派遣してもらっているのかも
しれません。

 

 

役員運転手は、企業の秘密を洩らさないように、秘密厳守なので転職サイトでも
どこへ派遣されるかは明記していないことが多くあります。

 

 

トヨタ車体への役員運転手を希望するなら、最初の面接時にでも派遣会社に
派遣を行っている企業先かどうかを確認するしかないでしょう。

 

 

■役員運転手の仕事内容

 

役員運転手はどのような仕事を行っているのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の仕事は、役員であるお客様を送迎することですが、それだけでは
ありません。

 

 

・お客様を待たせないようにする
余裕をもって準備することが大切です。

 

 

・一日のスケジュールを把握する
最初に打ち合わせでスケジュールを確認し、それを守ることに専念する。

 

 

・待機している時間を大切にする
待機している時間に、スケジュールを確認したり、車の掃除などを行う。

 

 

・突然の予定変更にも対応できるようにする
最初のスケジュールからの予定が突然変更になっても、即座に対応できる
ようすることが大切です。

 

 

・お客様への心配りを大切に
お客様との人現関係を構築するのが大切です。 信頼をもらうのが一番
大切です。

 

 

■直接企業へ就職するデメリット

 

役員運転手の役員の企業へ直接就職するデメリットとは。

 

 

 

役員運転手として送迎する役員の企業へそのまま就職すると、企業の
福利厚生などの恩恵が受けられるメリットがあります。

 

 

デメリットはあるのでしょうか。

 

 

送迎する企業へ就職できることのデメリットは、3つあります。

 

 

@企業が倒産すれば無職になる
就職した企業が倒産という状況になってしまうと、無職になってしまいます。

 

 

トヨタ系列の会社なら、まず大丈夫でしょうが・・

 

 

A担当の役員と馬が合わなかった場合に、配置換えが困難?

 

 

送迎の担当となった役員と馬が合わなかったりした場合、派遣会社からの
配属だと、違う企業の担当への配置換えが可能かもしれません。

 

 

しかし、役員の企業に就職した場合では、送迎の役員を変えてもらったり
するのは困難かもしれません。

 

 

B就職した企業の他の部門への配置換えの可能性がある

 

 

送迎運転手としてそぐわないと判断された場合は、就職した企業の他の
部門へ配置換えを言われるかもしれません。

 

 

自分で送迎運転手は嫌だと判断した時に、違う仕事の部署で仕事が与えられる
のは、メリットかもしれません。

 

 

 

■トヨタでの役員運転手の求人はあるか

 

トヨタで役員運転手の求人はあるのでしょうか

 

 

 

自動車メーカーのトヨタは現在、日本屈指の優良企業と言える
でしょう。

 

 

円安の効果で輸出益も増え、唯一?安定している企業と言えるかも
しれません。

 

 

トヨタグループには、主要会社9社の他、トヨタ自動車の有価証券報告書
を持つ会社は600社あり、系列会社を合わせると1万社を超える超大企業
です。

 

 

当然、トヨタグループには役員も多くいらっしゃると思われるので、
役員運転手も役員に合わせて多く必要でしょう。

 

 

役員運転手の募集も多いと思われますが、トヨタグループの企業で役員運転手
の募集を行っているところは、1社しかありませんでした。

 

 

しかし、役員運転手の求人には2種類の企業からの募集があるのです。

 

 

ひとつは、役員運転手を求める企業から直接、求人募集があるパターンです。

 

 

もうひとつは、役員運転手を求める企業へ派遣する派遣会社からの募集の
パターンです。

 

 

派遣会社からの募集だと、どこの企業へ派遣されるかはわかりません。

 

 

■トヨタ企業からの直接応募

 

トヨタグループの関連企業からの直接応募はあるのか?

 

 

 

役員運転手をトヨタグループの関連企業から直接求人があるのは、検索した
結果、現在は1社だけありました。

 

 

トヨタグループのトヨタ紡織という会社の役員の送迎業務です。

 

 

企業から直接応募がある場合は、その企業へ直接雇用してもらうことと
なります。

 

 

直接企業へ就職できるメリットは、その企業の福利厚生を受けられること
などがあります。

 

 

トヨタ紡織の求人内容にも以下のことが書かれています。

 

 

「安定した企業基盤に伴う充実した福利厚生も魅力。
各種手当に加えて、賞与も支払われるため、
安定した生活を送るのに充分な収入を得られます。

 

 

お休みも、トヨタカレンダーに準ずる土日休み。
GW、夏季、冬季にはまとまった連休が取れます。
疲れをためず、オン・オフのメリハリがつけやすい環境です。

 

 

ただし、役員の行動に合わせた勤務になるので、
超過勤務、休日勤務もあります。
もちろん、その際は手当の支給や振り替え休日で対応します。

 

 

大手企業に勤める安心感や、
充実した福利厚生を享受しませんか?」

 

勤務時間や給与面でも他の正社員と同等クラスの恩恵が受けられる
ようです。

 

 

「勤務時間:8:30〜17:30
給与:月給16万円以上
※給与体系・水準は製造職正社員と同一です。」

 

 

仕事の内容は以下のことが書かれていました。

 

 

「指示に応じて、様々な場所へ役員を送迎していただきます。
送迎のほか、洗車、メンテナンス、役員の自家用車の回送もお任せします。

 

 

― 送迎エリアについて ―
送迎エリアは愛知県内が中心。
そのほか、静岡・滋賀といった県外への送迎もあります。

 

 

― 役員への対応では ―
役員はどなたも忙しいので、
移動中にリラックスしていただけるような運転が求められます。

 

 

そのための乗り心地のいい運転方法や、
気持ちのよい対応方法は研修できちんとお教えします。」

 

 

応募の条件としては、以下のようになっています。

 

 

「役員の送迎経験、タクシー・ハイヤーの業務経験があれば尚
歓迎です。 」

 

 

■直接企業へ就職するデメリット

 

役員運転手の役員の企業へ直接就職するデメリットとは。

 

 

 

役員運転手として送迎する役員の企業へそのまま就職すると、企業の
福利厚生などの恩恵が受けられるメリットがあります。

 

 

デメリットはあるのでしょうか。

 

 

送迎する企業へ就職できることのデメリットは、つあります。

 

 

@企業が倒産すれば無職になる

 

 

就職した企業が倒産という状況になってしまうと、無職になってしまい
ます。

 

 

トヨタ系列の会社なら、まず大丈夫でしょうが・・

 

 

A担当の役員と馬が合わなかった場合に、配置換えが困難?

 

 

送迎の担当となった役員と馬が合わなかったりした場合、派遣会社からの
配属だと、違う企業の担当への配置換えが可能かもしれません。

 

 

しかし、役員の企業に就職した場合では、送迎の役員を変えてもらったり
するのは困難かもしれません。

 

 

B就職した企業の他の部門への配置換えの可能性がある

 

 

送迎運転手としてそぐわないと判断された場合は、就職した企業の他の
部門へ配置換えを言われるかもしれません。

 

 

自分で送迎運転手は嫌だと判断した時に、違う仕事の部署で仕事が与えられる
のは、メリットかもしれません。

 

 

■役員運転手の送迎で使用されるトヨタ車

 

役員運転手の送迎に使用される車で、トヨタ社の車にはどのような車種がある
のでしょうか。

 

 

 

役員運転手の送迎で使用されるトヨタ社の車には、以下のものが多いようです。

 

 

センチュリー、レクサス・ハイブリッド、レクサス
クラウンマジェスタ、クラウン・ハイブリッド、クラウン
アルファード、アルファード・ハイブリッド、ハイエース・グランドキャビン

 

 

やはり、高級車としてのトヨタの価値も高いように思われます。

 

■大阪市内での役員運転手の求人

 

大阪市内での役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は企業や公共団体の役員を、役員の一日のスケジュールに合わせて
車で送迎する仕事です。

 

 

大阪は東京に次ぐ第2の都市なので、多くの企業が存在しています。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 大阪市内」で検索すると、キャリアジェットでは13件、Indeed
では、54件の求人が表示されました。

 

 

大きな会社が集まる都市では当然、役員の人数が多いので、役員運転手の求人も
多くなるのでしょう。

 

 

役員の会社の他の事業所への移動、打ち合わせやプレゼンテーションに参加など
移動することが多いので役員運転手を募集しているのです。

 

 

■役員運転手の求人の内容

 

大阪市内での役員運転手の求人の内容は?

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 大阪市内」で検索すると、キャリアジェットでは13件、Indeed
では、54件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は20件、契約社員での募集は19件、
パートでの募集は19件ありました。

 

 

それぞれを足すと、58件になっていしまいますが、正社員でも契約社員でも、
またはパートでも複数の条件で募集している求人が多いので、そのような
結果となっています。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が46件、300万円〜400万円が22件
400万円以上が6件となっています。

 

 

パートでの契約では、時給2000円というところがありました。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

大阪市内で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

大阪市内で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

事業内容:セミハイヤードライバー候補生。会員送迎(予約業務)駅待ちなし。
完全固定給制度スタート。

 

 

平均年収:530万円(H25年度)*勤務地については応相談
年齢:18歳〜59歳

 

 

就業時間:5:30〜00:00の間の8時間程度
休憩時間:120分
時間外 :あり、月平均30時間

 

 

基本給(月額平均):28万円〜33万円
賞与:あり 前年度実績 年2回

 

 

休日:週休二日
年間休日数:108日

 

加入保険等:雇用 労災 健康 厚生 財形
退職金制度:あり 勤続5年以上

 

 

定年制:あり 一律 60歳
再雇用:あり 65歳まで

 

 

学歴:不問
必要な経験等不問
必要な免許・資格:普通1種運転免許取得後3年以上経過の方(AT可)

 

 

その他:英語、中国語、韓国語等が得意な方も大歓迎

 

 

とありました。

 

 

■役員運転手としての気づかい

 

役員運転手は、担当の役員とうまく付き合わないといけません。

 

 

 

前項の大阪市内での役員運転手の募集で、定年は60歳ですが、再雇用が
あるとなっています。(65歳まで)

 

 

これは、役員とうまく合わせられる人を優遇するということです。
年齢を重ねている人の方が気づかいがうまいということでしょうか。

 

 

役員と合った人には、できるだけ長く努めてもらいたいようです。

 

 

役員とうまく合わせるコツは無いのでしょうか。

 

 

基本的に守らないといけないことがあります。

 

 

@時間厳守
役員の自宅へ迎えに行く時間は、遅れてはいけません。

 

 

一日のスケジュールを確認し、それぞれの場所へ遅れないように送迎する
ことが大切です。

 

 

A秘密厳守
役員と車内で話したプライベートや会社のことを外で話をしてはいけません。

 

 

どこへ送迎したとか誰と会ったなども、絶対秘密です。

 

 

B車の整備、清掃
送迎する車が途中で止まってしまったりしないようにしないといけません。

 

 

ガス欠にならないようにするのは、当たり前ですが、エンジントラブルを
起こさないよう、空き時間にエンジンルームをチェックする習慣をつけないと
いけないそうです。

 

 

車の清掃も常に心掛けなければいけないことの一つです。

 

 

以上のことを厳守した上で、役員の人柄をチェックして、会話を選ばないと
いけません。

 

 

■人と合わすことの難しさ

 

知らない人と合わすことは大変難しいです。

 

 

 

最初から自分と気性が合った人だと、仲良く付き合っていくのは簡単かもしれませんが
なかなかうまくはいきません。

 

 

車内で仕事に集中している人に話しかければ、当然嫌がられるでしょう。

 

 

興味を引く話題を探すのも大変です。

 

 

大阪なら阪神タイガースの話題でと思っていても、野球嫌いだったり巨人ファンという
人もいるでしょう。

 

 

探りを入れながら探さないといけないのです。

 

 

そのような大変さがあるので、一度役員に気に入られると、定年などでやめてほしくない
と思われるのでしょう。

 

 

やはり、役員と年が近い方が気に入られやすいということが多いそうです。

 

■名古屋での役員運転手の求人

 

名古屋での役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は企業や公共団体の役員を、役員の一日のスケジュールに合わせて
車で送迎する仕事です。

 

 

名古屋市は、東京を除けば、横浜市・大阪市に次ぐ全国第3位の人口を有する都市です。
中京圏の中枢都市であり、中部地方の政治・経済・文化・交通の中枢となっています。

 

 

自動車産業のトヨタなど大きな会社があり、他も多くの企業が存在しています。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 名古屋」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、71件の求人が表示されました。

 

 

役員を送迎する車にもトヨタの車が多く使用されています。
例えば以下の車があります。

 

 

センチュリー、レクサス・ハイブリッド、レクサス
クラウンマジェスタ、クラウン・ハイブリッド、クラウン
アルファード、アルファード・ハイブリッド、ハイエース・グランドキャビン

 

 

高級車としてトヨタは世界標準となりつつあります。
役員の送迎用として以前は会社が多かったものが、日本車が占める割合が増えてきている
ようです。

 

 

また、名古屋にはトヨタ系列のグループ会社が多く存在しています。
それらの会社でも役員運転手の募集も多いようです。

 

 

 

■役員運転手の求人の状況

 

名古屋での役員運転手の求人の状況はどのようになっているでしょうか。

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 名古屋」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、71件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は39件、契約社員での募集は5件、
パートでの募集は7件ありました。

 

 

それぞれを足すと、58件になっていしまいますが、正社員でも契約社員でも、
またはパートでも複数の条件で募集している求人が多いので、そのような
結果となっています。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が46件、300万円〜400万円が22件
500万円以上が6件となっています。

 

 

Indeedの検索では、検索条件に合っていないと思える検索結果が多く表示される
ので、よく調べないといけません。

 

 

500万円以上の求人では、介護タクシーや風俗営業関係の募集がほとんどでした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

名古屋で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

名古屋で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

雇用期間:雇用期間の定めあり(4ヶ月以上)
契約更新:6カ月ごとに更新

 

 

年齢:不問
就業時間:9:00〜18:00

 

 

休憩時間:60分
時間外:あり(月平均50時間)

 

 

月給:基本給(月額平均)228700円
欠勤控除:あり
賞与:あり 前年度実績 年2回

 

 

休日:土、日(週休二日)
年末年始、お盆、GW連休有り
年間休日数:121日

 

 

育児休業取得実績:あり
転勤:なし

 

 

加入保険等:雇用、労災、健康、厚生、財形
退職金制度:あり(勤続2年以上)
定年制:なし

 

 

学歴:不問
必要な経験等:普通自動車免許(AT限定不可)

 

 

備考:残業について月70Hになる場合もあり

 

 

とありました。

 

 

■残業時間とは何をするのか

 

残業時間には何をしないといけないのでしょうか。

 

 

 

前項の募集内容では、残業は月平均50時間で月によって70時間を超える
ということの表示がありました。

 

 

役員運転手の仕事は、残業がつきもので、月給も残業時間により大きく
上がると言われています。

 

 

残業とはいったい何をするのでしょうか。

 

 

まずは、担当する役員が会社で残業している際には、終わるまで待たないと
いけないことです。

 

 

そして、多いのが客人接待や打ち合わせで、外食へ行くのを送迎することです。

 

 

名古屋は繁華街が多いので、外食する機会も多くなるのでしょう。
1件で終われば良いのですが、2件3件とはしごをする人も多いと思います。

 

 

途中で、もう帰っていいと言われれば良いのですが、終わるまで待機させられると
大変ですね。

 

 

また、休日にゴルフ場などへの送迎にも呼び出されることがあるそうです。

 

 

役員運転手を雇う企業側で、残業の時間を決めていてくれればよいのですが・・

 

 

多くを稼ぎたいという人には都合がよいのかもしれません。

 

 

しかし、待機している間は、車の清掃や整備などを心がけないといけないようです。
仮眠をとるということも、もし寝過ごしがあれば問題ですから、うかつにはできない
ようです。

 

 

役員運転手用の待機室という部屋があるところもあるそうですが・・

 

 

 

 

■役員運転手の求人

 

役員運転手の求人は、どのようなところから行っているのでしょうか

 

 

 

役員運転手は、企業の役員や公共団体の役員などのお客様を、一日の
スケジュールに合わせて送迎する仕事です。

 

 

役員運転手の求人は、求人広告や転職サイト、ハローワーク(職業安定所)
などで求人案内に掲載されている会社へ応募する方法があります。

 

 

求人広告や転職サイトで役員運転手として応募しているのは、派遣会社が
ほとんどのようです。

 

 

どこへ配置されるかは、その派遣会社が決定します。

 

 

一日の就業時間や休日などは、派遣会社で決まっています。
有給もあり、働きやすい環境であることを説明しています。

 

 

ただし、実際の勤務時間などは配置されたところで変わるかもしれません。

 

 

朝8時から夕方18時までの就業時間であっても、もっと早い時間に役員を
迎えに出勤しなければいけないかもしれません。

 

 

残業もあるでしょう。
しかし、残業代はちゃんと支給してくれるようです。

 

 

ただし、休日出勤もあるので給料をたくさん貰いたい人には良いですが
自分の時間を持ちたい人は、休みを削られる場合もあるので、つらいかも
しれません。

 

 

 

派遣会社ではなく、送迎する役員の企業に雇ってもらう方法があります。

 

 

一般的には募集はあまりしていないようです。

 

 

ハローワーク(職業安定書)では、募集があるかもしれません。
また、役員の会社に勤務している知人に紹介してもらうという方法があります。

 

 

役員運転手を募集する企業側は、派遣会社に依頼するか、タクシー会社へ依頼
するという方法をとっているようです。

 

 

役員と接する時間が多く、社外秘などの情報を口外されれば問題なので、
企業側が一般的に応募しないのではないでしょうか。

 

 

派遣会社へ就職するか、送迎する役員の企業へ就職するかはどちらがよいかは
わかりません。

 

 

役員の企業へ就職すると、企業の福利厚生の恩恵が受けられるでしょうが、
企業の業績悪化などで、送迎の運転手は不要と判断されると、クビになってしまう
かもしれません。

 

 

派遣会社だと、企業側が運転手は不要と言ってきた場合は、違う企業へ配置して
くれると思います。

 

 

■役員運転手の年収

 

役員運転手の年収はどれくらいでしょうか。

 

 

 

求人広告や転職サイトで一般に応募している役員運転手の給与は、派遣会社から
支払える給与となっています。

 

 

地域により差はありますが、労働時間は8:30〜17:30が基本です。
月収は45万円〜50万円で、年収は550万円〜600万円となっている
ようです。

 

 

この金額は、労働時間以外の残業時間の収入も含めての金額のようです。
時給や日給による条件での募集で、時給1200円、日給12000円という
募集のところがありました。

 

 

最初の3カ月間〜1年間は、給料は少なめということもあるそうです。

 

 

給料、労働時間は、配属される会社や役員によって大きく差があります。

 

 

待遇が良い会社で、労働時間が長い役員であれば、年収1000万円以上の稼ぎを
する人も多くいるそうです。

 

 

ただし、帰宅時間が深夜になったり、休日でも呼び出されたりするので、大変厳しい
労働となるかもしれません。

 

 

一日の予定を朝に打ち合わせして、スケジュールを組むのですが、予定が変更になったり
新しい送迎の予定が急に割り込まれることもあります。

 

 

■役員運転手の求人内容

 

役員運転手の募集の内容とは

 

 

 

役員運転手の募集の例です。

 

 

役員専属運転手 【1年目の平均月収は42万円】
仕事内容 高級車のハンドルを握って、普段では行かないような場所へ

 

 

お客様となるのは、大手企業の社長、役員、政治家など。いわゆるVIPと呼ばれる方々の送迎
が主な仕事です。

 

 

運転時間は意外と短く、一日平均4時間。ゆとりが持てる分、質の高いサービスについて
考えることが可能です。

 

 

最初はスポットの仕事で慣れていき、徐々に専属でご指名をいただけるよう、快適な
送迎サービスを提供してください。

 

 

【ハイヤー業務の種類は全部で4つ】
○専属…企業役員車の代用ハイヤー。同一車両・乗務員で役員を送迎。
○スポット…冠婚葬祭、会食、会合など、その時々のニーズに合わせた送迎。
○ゴルフ送迎…ゴルフを楽しまれるお客様を自宅からゴルフ場まで送迎。
○定期送迎…社長や役員の方々の通勤など、定期的な送迎。

 

 

※また、役員車運転手のアウトソーシングとしてお客様の車両を管理運行する業務もあります。

 

 

【ステータス感が味わえます】
◆運転する車/レクサス、クラウン、プレジデント、センチュリー…
◆お客様/大手企業の社長・役員、弁護士、海外からの要人、国会議員、芸能人、スポーツ選手…
◆送迎先/VIP専用のゴルフ場、五つ星ホテル、高級料亭、 国会議事堂、 大使館、 TV局、 空港…
応募資格 学歴不問 【未経験者・第二新卒者歓迎】

 

 

■1種免許取得3年以上の方(AT限定OK)
※ハイヤー運転に必要な二種免許は、独自の研修により【最短9日間】で取得することができます。
■接客・営業など、人と接する仕事のご経験のある方
※あらゆる業界からの転職者が活躍しています

 

 

■役員運転手とタクシー運転手の違い

 

役員運転手とタクシー運転手の違いは何でしょう。

 

 

 

役員運転手とは、企業の役員や公的団体の役員の送迎を行う仕事です。

 

 

タクシー運転手は、希望の行き先へお客様を送迎する仕事です。

 

 

どちらも車を運転して、目的地まで人を送迎する仕事ですが、
それぞれの違いを項目別に示します。

 

 

@仕事時間(労働条件など)の違い

 

 

一番の違いは、運転している時間でしょう。

 

 

役員運転手は、次への移動まで待機する時間がありますが、タクシー運転手
は、駅前や病院など決まった場所で待機することもあるでしょうが、移動
している時間ははるかに多いと思います。

 

 

役員運転手は、大体は会社が始まる朝から、会社が終わる夕方までの
仕事です。

 

 

タクシー運転手は、シフトはあるでしょうが、深夜や朝までという不規則な
勤務時間となることがあります。

 

 

A給料面での違い

 

 

どちらも基本給はあります。(個人タクシーは無いですが)
どちらが多いかは、会社によって異なります。

 

 

タクシー運転手は、お客を送迎した売り上げ分が加算されます。
忙しいエリアであれば、高額な給料となるでしょう。

 

 

役員運転手には残業があった場合に、残業分が加算されます。

 

 

会社が終わった後、会合や打ち合わせなどで食事へ行く場合などに規定時間
を超えての労働となります。

 

 

高額な給料がもらえるかもしれないですが、役員運転手の方が安定はしている
でしょう。

 

 

B送迎では、どちらが楽しい?

 

 

どちらも乗車している人に気を使って仕事をしないといけません。

 

 

役員運転手は、決まった人間を送迎するので、気が合う人間だと仕事も楽に
思えるでしょう。

 

 

逆に、必要以上に気を使わなければならない人間であれば、疲れます。

 

 

タクシー運転手は、だれを送迎するかはわかりません。
ほとんど、見知らない人間を送迎することとなります。

 

 

最近は、タクシー強盗などもあるので、気を抜けない状態が続くかも
しれません。

 

 

しかし、色々な人と会話したりするのが好きな人は、タクシー運転手に
やりがいを感じているでしょう。

 

 

役員運転手は、会話が多すぎると嫌われる傾向にあるようです。

 

 

■それぞれの仕事のイメージ

 

役員運転手、タクシー運転手のそれぞれの仕事のイメージは?

 

 

 

役員運転手は、普段接することが無いので、よくわからない職業のひとつ
でしょう。

 

 

役員運転手は、アニメ「ちびまるこちゃん」に登場するお金持ち、花輪君を
車で送迎する秀じいのイメージでしょうか。

 

 

いつも上品で、やさしいイメージがあります。
ホテルのボーイにも近いかもしれません。

 

 

しかし、お金持ちのお偉いさんを乗せているので、近づきつらいイメージが
あります。

 

 

タクシー運転手は、リストラされたりや定年退職後のおじさんのイメージが
あります。

 

 

一般車両に嫌がらせをしたり、下品な言葉遣いをするトラックの運転手にも
似たイメージがあるかもしれません。

 

 

しかし、最近では若い女性のタクシー運転手も増えてきているようです。

 

 

近年不況で、タクシー業界も厳しいイメージがあります。

 

 

しかし、場所にもよりますが、お年寄りや観光客が増えたためか、タクシー業界
の売り上げは伸びているようです。

 

 

役員運転手の求人も増えてきているようです。

 

 

 

■役員運転手の仕事内容

 

役員運転手はどのような仕事を行っているのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の仕事は、担当の役員を送迎することですが、それに伴う細かな配慮が
必要となっています。

 

 

・待たせないようにする
余裕をもって早めに到着することが大切です。

 

 

・一日のスケジュールを把握する
最初に打ち合わせで一日のスケジュールを確認し、それを守ることに専念する。

 

 

・待機している時間を大切にする
待機している時間に、スケジュールを確認したり、車の掃除などを行う。

 

 

・突然の予定変更にも対応できるようにする
最初のスケジュールからの予定が突然変更になっても、即座に対応できる
ようすることが大切です。

 

 

・お客様への心配りを大切に
お客様との人現関係を構築するのが大切です。 信頼をもらうのが一番
大切です。

 

 

■タクシー業務の多角化

 

タクシー業界は、今までには行っていない分野への介入を行っています。

 

 

 

タクシー業界では、幅広い分野での輸送を目的として事業に介入しています。

 

 

@介護・福祉タクシー
身体障害者や高齢者などの人を対象とするタクシーです。

 

 

対象の人を病院などに送迎することを行います。
ホームヘルパーや救急講習などの公的資格を取得させているところもあるそうです。

 

 

車いすを乗せたりする対応も行っているところもあります。

 

 

A運転代行業
飲酒などで、自分の車が運転できなくなった人を車も一緒に送迎するシステムです。

 

 

飲酒運転での罰則が厳しくなっているので、多くの人が利用するようになったシステム
です。

 

 

B地域防犯・防災の役割をするタクシー
タクシーの無線による連絡手段を利用した地域貢献の役割を行う事業です。

 

 

警察とも無線連絡ができるシステムを導入しているところもあるそうです。

 

 

最近は防犯ビデオを録画しているタクシーも多いので、犯人の捜査に役に立っている
ようです。

 

 

 

 

■役員運転手の仕事内容は?

 

役員運転手の仕事とは、どのようなことを行うのでしょうか。

 

 

 

 

役員運転手とは、企業の役員や議員、公的団体の役員などを送迎する仕事
です。

 

 

役員を自宅まで迎えに行き、仕事やプライベートでの希望の場所へ送迎し
最後にまた自宅まで送るという仕事内容となります。

 

 

しかし、実際の内容は、担当する役員によって変わってきます。
担当した役員の希望通りの送迎を行わなければいけないからです。

 

 

一日の送迎の予定は、自宅へ迎えに行った後の打ち合わせで通知されます。

 

 

その後、変更もあるでしょうが、まずは決められた時間通りに送迎を行う
ということが、一番の仕事となります。

 

 

勤務時間は、一応決められていますが、役員の都合により残業はあるでしょう。
休日出勤というのも多いようです。

 

 

また、仕事の内容としては送迎だけではありません。

 

 

役員が車に乗り降りする際のドアの開け閉め、待機時間や業務終了時には、
車の整備や清掃も行わなければいけません。

 

 

時には、書類の整理や手紙、荷物の発送作業なども支持されるかもしれません。

 

 

仕事の内容でのハードさ、残業や休日出勤だけでなく、雑務や勤務態度、服装
などに及ぶまでの仕事の内容は、担当する役員により大きく変わります。

 

 

■役員運転手の残業

 

役員運転手には残業があるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の雇われ先は、役員の会社に直接雇われることもあるかもしれませんが、
大体は、ハイヤー会社からの派遣となるようです。

 

 

勤務時間は、役員の会社やハイヤー会社のどちらの場合でも決められています。
しかし、役員の都合により残業や休日出勤を課せられます。

 

 

役員により残業の程度も変わってきます。
夜に食事をして、その後に自宅まで送迎しないといけないとなると何時になるか
分からない場合もあるでしょう。

 

 

担当の役員によっては、帰りはタクシーを使うから帰宅しても良いなどと言われる
かもしれません。

 

 

帰宅の最後まで送らないといけない場合は、お酒好きの役員であれば、遅くまで
残業しないといけないかもしれません。

 

 

規定の作業時間での基本給はあまり多くなくても、残業代で収入が増えるという
ことが多くあるようです。

 

 

役員運転手の仕事が自分に合っているか、続けることができるかという判断は
担当する役員によって変わってくると思われます。

 

 

もちろん、担当を変えてもらうことは可能でしょうが・・

 

 

■役員運転手が仕事中に配慮すること

 

役員運転手の仕事は、送迎だけではありません。

 

 

 

 

役員運転手の仕事は、担当した役員を自宅から目的地への送迎だけではありません。
一番は、担当の役員に気に入ってもらうことが大切です。

 

 

そのために、時間厳守はもちろん、服装から勤務態度、言葉遣いなどまで配慮する
必要があります。

 

 

主に心がけないといけない事は次のような事があります。

 

 

@時間の厳守
自宅へ迎えに行く時から、仕事やプライベートでの目的地への移動は、スケジュール
通りの時間を厳守する必要があります。

 

 

そのため、余裕を持っての移動は必要ですが、道混んでいれば抜け道を知っていないと
いけません。

 

 

A乗車時の配慮
担当の役員が車へ乗り降りする際には、ドアの開け閉めを行ったり、荷物も運ぶ
必要があります。

 

 

ゴルフなどの帰りには、足がむくまないようにスリッパなどを用意することも必要
だそうです。

 

 

また、車の清掃もきちんと行っていないといけません。

 

 

B秘密の厳守
担当役員の仕事の内容やプライベートなことは、絶対他へ漏らしてはいけません。

 

 

担当役員と仲良くなるため会話も大切ですが、不快になるような余計なことを
話したりしないようにすることも配慮しておくことです。

 

 

C運転の丁寧さ
乗り心地をよくするために、急発進や急ブレーキはもちろん行ってはいけません。

 

 

車に乗車する人が担当の役員だけでなく、他の客人も乗車することも多いので
配慮が必要です。

 

 

事故を起こさないための配慮はもちろんですが、運転態度もチェックされるので
気をつけないといけません。

 

 

独り言でも対向車に文句を言ったりしてはいけません。

 

 

■残業の扱いについて

 

残業を行った場合の扱いについて。

 

 

 

役員運転手も就業時間は決められていますが、残業を行わないといけないことは
多くあるでしょう。
その場合の会社の扱いはどうなっているでしょうか。

 

 

近年の不況では、残業をしても残業代が支払われないということが多くあるようです。

 

 

役員運転手の仕事でも残業代の扱いについては、異なる場合があるようです。

 

 

役員運転手として雇われた先が、ハイヤー会社であった場合は、残業代の支払い
は行われるかもしれません。

 

 

しかし、担当する役員の会社へ雇用された場合は、会社によって対応が変わって
くるかもしれません。

 

 

待機する時間が多いという理由で、残業代は少なくなるという会社もあるかも
しれません。

 

 

休日でも出勤を要請されることもあるでしょう。

 

 

残業に関する扱いの内容を、最初に契約会社からきちっと確認することが必要
なのです。

 

 

■役員運転手に必要なスキルとは

 

役員運転手になるために必要なスキルは何でしょうか。

 

 

 

役員運転手とは、企業や公的団体の役員を車で送迎する仕事です。

 

 

シフトはあるでしょうが、朝から夜まで役員のスケジュールに
合わせて送迎しなければいけません。

 

 

役員運転手になるためには、特別な資格は必要ありません。
第一種免許(普通免許)があれば大丈夫です。
タクシー運転手には必要な第二種免許は必要ありません。

 

 

ただし、運転歴の長く運転技術が高いことが要求されます。

 

 

その他、役員運転手になるために必要となるスキルがいくつか
あります。

 

 

@運転の経験が長いこと
運転歴が長いほど優遇してくれると思います。
ただし、運転技術が未熟だったり、粗い運転をするようなら、ダメでしょう。

 

 

A事故や違反歴が無いこと
過去3〜5年間に事故や違反が無いことが条件となることが多いです。

 

 

B地理(道路)に詳しいこと
現在はカーナビがありますが、送迎するエリアの地理に詳しいことが
喜ばれます。 抜け道などを知っていれば、なお喜ばれるでしょう。

 

 

C車の整備ができること
待機中などに車の点検や清掃を行うことが、作業の一つとなります。

 

 

車の整備ができれば、心強いでしょう。

 

 

D人間的に優れていること
役員運転手の求人で、応募の条件として次のことが書いていました。

 

 

・どんな時でも沈着冷静でいられる方
・人格があり、マナー・守秘義務が守れる方
・ホテルのドアマンの雰囲気を持った方

 

 

■高級車をうまく運転するコツ

 

高級車をうまく運転する場合に気をつけないといけないことは。

 

 

 

役員の送迎に使う車は、高級車がほとんどです。
しかも大型の車が多いので、普段に乗っている車と異なる場合は
非常に運転しずらいかと思います。

 

 

うまく運転するためのコツはないのでしょうか。

 

 

こすったりして傷を付けないように高級車に運転するコツです。

 

 

@車の大きさを確かめる
自分が乗っている車との差を知ることが大切です。

 

 

狭い曲がり角の路地や駐車場に車を移動する際には、感覚を知っていないと
こする場合があります。

 

 

実際に送迎の業務を始める前に、感覚を確かめることが大切です。

 

 

車体の高さも心得ていないと、運転の際に車体の前後の距離感がつかめない
ことがあります。

 

 

Aタイヤの位置を知る
車のタイヤの位置を運転席から把握することが大切です。

 

 

S字カーブなどを通る際には、タイヤの位置がわかっていないとハンドルを
切るタイミングがずれれば、脱輪してしまいます。

 

 

自動車教習所で練習できればよいのですが、タイヤの位置を把握していると
役立ちます。

 

 

B左ハンドルでの感覚をつかむ
外車では、ほとんどが左ハンドルとなっています。

 

 

いつもの右ハンドルとは左右の間隔が異なるので、特に対向車線の車と
すれ違う右側の距離の間隔をつかむことが大切です。

 

 

C運転席での操作方法を確認しておく
サドルの操作方法だけでなく、補助機器の操作方法も確認しておきましょう。

 

 

方向指示器(ウィンカー)、ワイパー、ヘッドライトランプ、ハザードランプ、
パーキングブレーキなどの操作位置を知っておくことが大切です。

 

 

左ハンドルの車だと、ウィンカーとワイパーの位置が右ハンドルとは逆になるので
注意が必要です。

 

 

Dアクセル、ブレーキの利き具合を知っておく
アクセルやブレーキを踏む際に、どれだけの遊びエリアがあるか、それぞれの効き具合
を知っておくことが大切です。

 

 

急発進や急ブレーキを行ないように心がけましょう。

 

 

Eドアやトランクの開け具合を知っておく
ドアを開ける際のスペースを知っておくこと。 トランクの大きさを知っておくことも
大切です。

 

 

ドアを開ける際に、高さやどれぐらい幅が必要かを知っておかないと、縁石にこすったり
するので注意しましょう。

 

 

■役員運転手の心得

 

役員運転手としての心得です。

 

 

 

人を乗せて運転するドライバーの心得として、以下のことが大切です。

 

 

・人命を預かっていることを自覚し、慎重に安全に運転をすること
・決して油断をしないこと
・時間は確実に守れるよう努力をすること
・どんな場合でも冷静に判断すること
・自分の感情は、できるだけ出さないようにすること

 

 

タクシーの運転手とは違い、搭乗者を心地よく目的地まで届けるということだけが
役員運転手の仕事ではないことを心得ないといけません。

 

 

■役員運転手の仕事内容

 

役員運転手はどのような仕事を行っているのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の仕事は、役員であるお客様を送迎することですが、それだけでは
ありません。

 

 

・時間厳守を心がけること
お客様を待たせないようにする。 余裕をもって準備することが大切です。

 

 

・一日のスケジュールを把握する
最初に打ち合わせを行い、スケジュールを確認し、それを守ることに専念する。

 

 

・待機している時間を大切にする
待機している時間に、スケジュールを確認したり、車の掃除などを行う。

 

 

・突然の予定変更にも対応できるようにする
最初のスケジュールからの予定が突然変更になっても、即座に対応できる
ようすることが大切です。

 

 

・お客様への心配りを大切に
お客様との人現関係を構築するのが大切です。 秘密を厳守し、信頼をもらうのが
一番大切です。

 

 

■役員運転手になるには資格は必要?

 

役員運転手になるためには資格などが必要なのでしょうか。

 

 

 

役員運転手とは、企業や公的団体の役員を車で送迎する仕事です。
一人の役員につき、一人の運転手の担当となります。

 

 

タクシーとは異なり、第二種免許を取得しないとなれないものではありません。
役員の企業や公的団体との契約となり、第一種免許(普通免許)を取得していれば、
大丈夫です。

 

 

ただし、送迎する役員の仕事や生活のリズムに合わせた対応をしないといけません。

 

 

自宅へ迎えに行って、仕事中の移動、夜の飲食、帰宅の送迎まで一日中対応しないと
いけない場合がほとんどです。

 

 

また、車の乗り降りやマナーなど役員への配慮も必要となります。

 

 

■役員運転手に要求されること

 

役員運転手になるために要求されることとは、

 

 

 

役員運転手になるために要求されるのは、以下のことのようです。

 

 

@運転免許を取得していること
普通免許(第一種免許)を取得していること。 車を運転するのですから当たり前
ですが、AT限定で良いかどうかは相手先の車の種類次第でしょうか。

 

 

A運転の経験が長いこと
運転歴が長いほど優遇してくれると思います。
ただし、運転技術が未熟だったり、粗い運転をするようなら、ダメでしょう。

 

 

現在はカーナビがありますが、地理や道路に詳しければ優遇されるでしょう。

 

 

B事故や違反歴が無いこと
過去3年〜5年間に事故や違反歴が無いことが望ましいでしょう。

 

 

事故や違反歴があれば、書類判定で落とされるかもしれません。

 

 

C信頼がおける人物であること
送迎を行っていると、役員の知られたくない秘密もわかってくるものですが
他人に口を滑らさないことが大事です。

 

 

担当する役員の信頼を得ることが一番の条件です。

 

 

■役員運転手の仕事内容

 

役員運転手はどのような仕事を行っているのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の仕事は、役員であるお客様を送迎することですが、それだけでは
ありません。

 

 

・お客様を待たせないようにする
余裕をもって準備することが大切です。

 

 

・一日のスケジュールを把握する
最初に打ち合わせでスケジュールを確認し、それを守ることに専念する。

 

 

・待機している時間を大切にする
待機している時間に、スケジュールを確認したり、車の掃除などを行う。

 

 

・突然の予定変更にも対応できるようにする
最初のスケジュールからの予定が突然変更になっても、即座に対応できる
ようすることが大切です。

 

 

・お客様への心配りを大切に
お客様との人現関係を構築するのが大切です。 信頼をもらうのが一番
大切です。

 

 

■どのようにして応募するか

 

役員運転手になるには、どこへ応募すればよいのでしょうか。

 

 

 

役員運転手に応募するための方法です。

 

 

@求人広告や転職サイト、ハローワーク(職業安定所)で探す
求人案内に掲載されている会社へ応募する方法です。

 

 

A知人に紹介してもらう
役員運転手を募集している会社に知人がいれば、力強いでしょう。
いわゆるコネというものですね。

 

 

現在、役員運転手を行っている人から紹介してもらうのもよい方法
でしょう。

 

 

B社内で移動してもらう
もし現在、会社に勤務していて自分の会社の役員の役員運転手に
なりたい場合は、人事部などに相談してみる方法です。

 

 

■役員運転手の心得

 

現役の役員運転手が心得としていることのようです。

 

 

 

@朝の起床を確実にする為に、目覚まし時計を2個以上掛ける。
さらに心配時は念の為、モーニングコールを頼んでおく。

 

 

A毎朝余裕をもって自宅を出発して、20〜30分前にはお客様の
自宅付近に到着しておき、車の清掃・トイレなどを済ませて、5〜10分前に
お客様の自宅前に車を着ける。

 

 

Bお客様お迎えのドアサービスを済ませたら、車の後ろを小走りに回って
運転席に着くようにする。

 

 

Cシートベルトは、発進前に装着する事。

 

 

Dお客様が、車をお降りになった後の席に忘れ物が無いか確認する。

 

 

Eお客様が、建物の中に入り姿が見えなくなるまで、その場でお見送りする。

 

 

F会社に到着した後、秘書または担当者と今日の予定を確認する。
又、小まめに確認し合う。

 

 

G車内の清掃は、新聞・雑誌は整理整頓、足元のマットはお客様が乗車の
時に必ず足元を見る為、毎回清掃するようにする。

 

 

Hタバコの吸殻入れは、タバコ一本でも必ず毎回清掃しておく。
(タバコを吸う方が、気持ち良く感じられるようにする。)

 

 

I運転サービス士の整髪料の香りや芳香剤などは、好き嫌いがあるので香り
の無いものを使用する。

 

 

J外出先で待機中に、電話が入ってきたら伝え忘れを防止する為に、用件を
メモすることを心がける。

 

 

Lゴルフの帰りなど足腰が疲れているときは、事前にスリッパなどを用意して
置き使用して貰うのも良い。

 

 

M守秘義務、業務上重要な情報は、一切他人に話をしない。