■名古屋での役員運転手の求人

 

名古屋での役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は企業や公共団体の役員を、役員の一日のスケジュールに合わせて
車で送迎する仕事です。

 

 

名古屋市は、東京を除けば、横浜市・大阪市に次ぐ全国第3位の人口を有する都市です。
中京圏の中枢都市であり、中部地方の政治・経済・文化・交通の中枢となっています。

 

 

自動車産業のトヨタなど大きな会社があり、他も多くの企業が存在しています。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 名古屋」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、71件の求人が表示されました。

 

 

役員を送迎する車にもトヨタの車が多く使用されています。
例えば以下の車があります。

 

 

センチュリー、レクサス・ハイブリッド、レクサス
クラウンマジェスタ、クラウン・ハイブリッド、クラウン
アルファード、アルファード・ハイブリッド、ハイエース・グランドキャビン

 

 

高級車としてトヨタは世界標準となりつつあります。
役員の送迎用として以前は会社が多かったものが、日本車が占める割合が増えてきている
ようです。

 

 

また、名古屋にはトヨタ系列のグループ会社が多く存在しています。
それらの会社でも役員運転手の募集も多いようです。

 

 

 

■役員運転手の求人の状況

 

名古屋での役員運転手の求人の状況はどのようになっているでしょうか。

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 名古屋」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、71件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は39件、契約社員での募集は5件、
パートでの募集は7件ありました。

 

 

それぞれを足すと、58件になっていしまいますが、正社員でも契約社員でも、
またはパートでも複数の条件で募集している求人が多いので、そのような
結果となっています。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が46件、300万円〜400万円が22件
500万円以上が6件となっています。

 

 

Indeedの検索では、検索条件に合っていないと思える検索結果が多く表示される
ので、よく調べないといけません。

 

 

500万円以上の求人では、介護タクシーや風俗営業関係の募集がほとんどでした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

名古屋で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

名古屋で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

雇用期間:雇用期間の定めあり(4ヶ月以上)
契約更新:6カ月ごとに更新

 

 

年齢:不問
就業時間:9:00〜18:00

 

 

休憩時間:60分
時間外:あり(月平均50時間)

 

 

月給:基本給(月額平均)228700円
欠勤控除:あり
賞与:あり 前年度実績 年2回

 

 

休日:土、日(週休二日)
年末年始、お盆、GW連休有り
年間休日数:121日

 

 

育児休業取得実績:あり
転勤:なし

 

 

加入保険等:雇用、労災、健康、厚生、財形
退職金制度:あり(勤続2年以上)
定年制:なし

 

 

学歴:不問
必要な経験等:普通自動車免許(AT限定不可)

 

 

備考:残業について月70Hになる場合もあり

 

 

とありました。

 

 

■残業時間とは何をするのか

 

残業時間には何をしないといけないのでしょうか。

 

 

 

前項の募集内容では、残業は月平均50時間で月によって70時間を超える
ということの表示がありました。

 

 

役員運転手の仕事は、残業がつきもので、月給も残業時間により大きく
上がると言われています。

 

 

残業とはいったい何をするのでしょうか。

 

 

まずは、担当する役員が会社で残業している際には、終わるまで待たないと
いけないことです。

 

 

そして、多いのが客人接待や打ち合わせで、外食へ行くのを送迎することです。

 

 

名古屋は繁華街が多いので、外食する機会も多くなるのでしょう。
1件で終われば良いのですが、2件3件とはしごをする人も多いと思います。

 

 

途中で、もう帰っていいと言われれば良いのですが、終わるまで待機させられると
大変ですね。

 

 

また、休日にゴルフ場などへの送迎にも呼び出されることがあるそうです。

 

 

役員運転手を雇う企業側で、残業の時間を決めていてくれればよいのですが・・

 

 

多くを稼ぎたいという人には都合がよいのかもしれません。

 

 

しかし、待機している間は、車の清掃や整備などを心がけないといけないようです。
仮眠をとるということも、もし寝過ごしがあれば問題ですから、うかつにはできない
ようです。

 

 

役員運転手用の待機室という部屋があるところもあるそうですが・・