■神奈川での役員運転手の求人

 

神奈川での役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は企業や公共団体の役員を、役員の一日のスケジュールに合わせて
車で送迎する仕事です。

 

 

神奈川は、横浜市という全国第2位の人口を有する都市があります。
観光や貿易などの事業が盛んなので、関連する大きな会社も多く存在しています。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 神奈川」で検索すると、キャリアジェットでは0件、Indeed
では、129件の求人が表示されました。

 

 

■神奈川での役員運転手の求人の状況

 

神奈川での役員運転手の求人の状況はどうでしょう。

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 神奈川」で検索すると、キャリアジェットでは0件、Indeed
では、129件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は44件、契約社員での募集は6件、
パートでの募集は6件ありました。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が84件、300万円〜400万円が31件
400万円〜500万円が16件、500万円〜600万円が3件、600万円以上が
2件となっています。

 

 

Indeedの検索では、検索条件に合っていないと思える検索結果が多く表示される
ので、よく調べないといけません。

 

 

600万円以上の求人では、企業の役員の募集というのがほとんどでした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

神奈川で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

神奈川で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

雇用期間:雇用期間の定めあり(4ヶ月未満)
契約更新:3カ月後に更新

 

 

年齢:18歳以上
就業時間:9:00〜24:00間の8時間

 

 

休憩時間:60分
時間外:あり(月平均30時間)

 

 

月給:基本給 16万円〜19万円
   職務手当 2万円
   定額残業手当 12万円〜14万円

 

 

定額残業手当は、時間外の有無にかかわらず80時間分の時間外手当を固定残業代
として支給し、80時間を超える時間外労働分は法定通り追加で支給

 

 

賞与:年1回 または 32万円〜38万円

 

 

休日:日曜、祝日、他
  週休二日だが月1〜2回土曜日出勤の可能性あり
年間休日数:105日

 

 

育児休業取得実績:あり
転勤:なし

 

 

加入保険等:雇用、労災、健康、厚生
退職金制度:あり(勤続2年以上)

 

 

定年制:60歳
再雇用:あり 65歳まで

 

 

学歴:高卒以上
必要な経験等:普通自動車免許(AT限定可)

 

 

時間外労働については特別の事情が生じた場合、労使の協議を経て6回を限度として
1ヶ月80時間まで延長することができ、1年500時間まで延長することができる。

 

 

9:00〜00:00の間で実働8時間程度
(休憩1時間 待機時間4〜8時間) 36協定届出済み(特別条項付き協定あり)

 

 

とありました。

 

 

■役員運転手に求められるもの

 

企業は役員運転手にどのような人を求めているのでしょうか

 

 

 

役員運転手として、最低限求められることは、以下のことです。

 

 

@時間厳守
役員の自宅へ迎えに行く時間は、遅れてはいけません。

 

 

一日のスケジュールを確認し、それぞれの場所へ遅れないように送迎する
ことが大切です。

 

 

A秘密厳守
役員と車内で話したプライベートや会社のことを外で話をしてはいけません。

 

 

どこへ送迎したとか誰と会ったなども、絶対秘密です。

 

 

B車の整備、清掃
送迎する車が途中で止まってしまったりしないようにしないといけません。

 

 

ガス欠にならないようにするのは、当たり前ですが、エンジントラブルを
起こさないよう、空き時間にエンジンルームをチェックする習慣をつけないと
いけないそうです。

 

 

また求人の内容に、このような人に来てもらいたいということが、書かれていました。

 

 

 ・送迎の対象となる地理に詳しい
 ・思いやりを持った運転ができる
 ・明るい対応ができる
 ・携帯メールでのやり取りができる
 ・カーナビを扱える
 ・時間を守れる
 ・自分自身の健康管理に気を配れる
 ・一般常識やマナーがある
 ・車のメンテナンスができる

 

 

■役員運転手になるためには

 

役員運転手になるために努力することは

 

 

 

役員運転手になるためには、前項の求められる最低限のことは守らないといけません。

 

 

その他、役員運転手になるために身につければよい事柄とその方法です。

 

 

@送迎の対象となる地理に詳しくなる

 

 

生まれ育った地区なら当然詳しいし、普段からよく通っている地区であれば
問題はないのでしょう。

 

 

しかし、あまり通ったことが無いような地区であれば、事前に調べておく必要
があります。

 

 

車にナビが付いていて、ナビが支持する通りにいけばよいというだけではいけません。

 

 

もし、道路が渋滞していた場合などに他のルートを選択する必要があるからです。
時間通りに目的地へ着かないと送迎の役割となりません。

 

 

事前に地図をチェックし、自分の車で移動してみることが大切です。
一方通行が多い地区なら、チェックしておかないと交通違反となってしまいます。

 

 

A上手な運転をする

 

 

人を乗せて運転するのですから、細心の注意を払わないといけません。

 

 

事故を起こさないようにすることはもちろん、急発進、急ブレーキ、急ハンドルは
厳禁です。

 

 

できるだけ手前でブレーキを踏むようにし、ゆっくり止まるようにすると、乗っている
人も安心して同乗する気分になるそうです。

 

 

B役員に気に入られる態度、言動を行う

 

 

これは、担当する役員に会ってみないと、役員がどういった人柄かわからないので
難しいでしょう。

 

 

ただ、最初からしゃべりすぎないようにした方がよいかもしれません。

 

 

しかし、役員が車を乗り降りする際にドアを開け閉めする際には、安全を確認すること
などの配慮は大切です。

 

 

また、雨の時は濡れないようにカサをさしてあげたり、ゴルフの時には足がむくんだり
するので、スリッパを用意したりと、色々な心配りを心がけましょう。