■千葉での役員運転手の求人

 

千葉での役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手は企業や公共団体の役員を、役員の一日のスケジュールに合わせて
車で送迎する仕事です。

 

 

千葉県は、成田国際空港をがあり、東京湾アクアラインや首都圏中央連絡自動車道など、
交通機関も発達しており、首都圏への移動も便利です。

 

 

東京に比べて土地代も安いことで、本社を千葉に置く企業も増えてきているようです。

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 千葉」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、181件の求人が表示されました。

 

 

首都圏へ空港へだと、ちょっと送迎する距離が長いので、到着時間を計算するのが大変かも
しれませんね。

 

 

車の整備もそうですが、ガス欠にならないようにガソリンの残量をコマメにチェックする
必要がありそうです。

 

 

■千葉での役員運転手の求人の内容

 

千葉での役員運転手の求人にはどのようなものが多いのでしょうか。

 

 

 

求人案内の検索エンジンである、キャリジェットやIndeedで
「役員運転手 千葉」で検索すると、キャリアジェットでは2件、Indeed
では、181件の求人が表示されました。

 

 

Indeedの求人では、正社員での募集は46件、契約社員での募集は18件、
パートでの募集は9件ありました。

 

 

推定年収は、200万円〜300万円が45件、300万円〜400万円が12件
400万円以上が3件となっています。

 

 

Indeedの検索では、検索条件に合っていないと思える検索結果が多く表示される
ので、よく調べないといけません。

 

 

推定年収400万円以上の求人は、会社の役員の募集や役員を相手にするスナックの
求人がほとんどでした。

 

 

役員運転手の収入は、基本月給の分と合わせて、時間外業務の分が多く占めるようです。

 

 

多い人では基本給と時間外手当を合わせて、年収1000万円を超えるという人も
いるようです。

 

 

■役員運転手求人の例

 

千葉で募集している役員運転手の求人はどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

千葉で募集している役員運転手の求人の例です。

 

 

仕事詳細
・会社役員の専属運転手として乗務し送迎業務をしていただ きます。
・礼儀正しく機転の利く対応が必要です。
・社内秘密を守っていただきます。
・役員が移動する時に常に行動を共にし買い物等雑務等もお願いします。
・洗車などの業務もあります。
・左ハンドルの車(ベンツ等)の運転をすることもありま す。

 

 

雇用形態:正社員
就業時間:8:30〜19:00

 

 

基本給(月額平均):25万円
賞与:あり 前年度実績 年2回

 

 

休日・休暇:土曜、週休、夏期、年末年始
年間休日:110日

 

 

資格:普通自動車免許(ハイヤー運転手経験者優遇)
年齢:18歳〜59歳
学歴:高卒以上

 

 

求人条件にかかる特記事項
地理に詳しい方、サービス精神と礼儀正しく機転の利く対応ができる方

 

 

とありました。

 

 

■役員運転手は企業にとって大切な人

 

能力のある役員運転手は、企業にとって大切な人のようです。

 

 

 

役員運転手の年齢は、一般の定年に近い高齢の人が多いそうです。
定年を超える年齢でも役員運転手として働いている人も多くいる
ようです。

 

 

なぜかというと、企業がベテランの運転手を望み、いい人だといつまでも
いて欲しいからです。

 

 

担当の役員と仲が良くなって、役員が手放したくないと思われると仕事の
満足感も大きくなるでしょう。

 

 

元タクシー運転手という年配の役員運転手も多いそうです。
企業がタクシー業者へ依頼しているのでしょうか。

 

 

タクシー運転手の経験があれば、運転技術は高いし路線地理にも詳しいし、
お客様の乗車にも気配りができるので、条件はほぼ揃っているからでしょう。

 

 

愛想の悪いタクシー運転手も中にはいますが・・

 

 

■人に気に入られるようになるには

 

役員に気に入ってもらうにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

 

担当の役員と仲がよくなるというのが、仕事をスムーズにする一番の得策です。
仲が良くなるにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

趣味が合うというのが最初のポイントです。
この前タクシーに乗った際に、タクシー運転手のプレートに趣味「つり」と
書かれていました。

 

 

しかし、担当の役員と最初から対等に会話をするのは、よくないでしょう。
友人を募集しているのではなく、あくまでも仕事の補佐を求めているのですから。

 

 

多く話をするのが好きな人もいれば嫌いな人もいます。
担当の役員が自分をわかってもらうようにするのではなく、あくまでも役員に最大限の
配慮を行うというところから始めないといけません。

 

 

配慮の努力が実る場合と逆に反感を買う場合もあります。
試行錯誤を繰り返しながら時間をかけないと、信頼というものは生まれないのでしょう。