役員運転手の将来性

 

役員運転手の職業は将来どうなるのでしょうか。

 

 

 

企業や団体の役員を、一日のスケジュールに合わせて送迎する仕事
が役員運転手です。

 

 

役員運転手という仕事は、将来少なくなるのでしょうか、それとも
増えてくるのでしょうか。

 

 

景気が悪くなり、企業や団体に役員運転手を雇う余裕が無くなるという
ことは、もちろん考えられます。

 

 

地域的に優良企業が多い所だと、求人も多いでしょうが、優良企業が
少ないと、求人も減ってくるかもしれません。

 

 

しかし、はっきりとは言えませんが、全体的には役員運転手の求人は
増えてくるであろうと思われます。

 

 

その理由としては、以下のことが考えられます。

 

 

@役員の高齢化
優秀な人は定年を過ぎても会社はいて欲しいようです。

 

 

A一日のスケジュールが増える
企業の運営に迅速な対応が求められています。

 

 

会議や打ち合わせなどを早く行い、方針を決定しないと運営に支障が
でるので、一日に移動する回数が増えてくるでしょう。

 

 

B会社は便利な人材を求めている
役員運転手は、車を運転するだけでなく違う仕事を任せられます。

 

 

役員の代わりに訪問したり、打ち合わせしたりすることもあるそうです。

 

 

会社の事業内容を理解し、困った時に助けてくれる人材を探している
ようです。

 

 

役員運転手に求められる人材

 

役員運転手には、どのような人材が求められるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の求人で、次のような人を募集していました。

 

 

・礼儀正しい言葉遣いができ、品のある立ち居振る舞いができる方
・責任を持って守秘義務を貫ける方
・運転が得意な方
・笑顔と気配りができる方

 

 

この役員運転手を募集している会社は、役員の送迎だけでなく役員の会社の
取引先へ役員の代わりに打ち合わせへ行くこともあると書いていました。

 

 

会社員として外部から見られても、見劣りしないような人材を求めている
ようです。

 

 

また、別の求人でも、応募の条件として次のことが書いていました。

 

 

・どんな時でも沈着冷静でいられる方
・人格があり、マナー・守秘義務が守れる方
・ホテルのドアマンの雰囲気を持った方

 

 

ずいぶん堅苦しいような感じがしますね。

 

 

しかし、一般的に役員運転手として求められるのは、以下にあてはまる
ような人のようです。

 

 

@役員と気が合うこと
車中では二人っきりになる場合がほとんどなので、役員と合わせられる人を
求めています。

 

 

A秘密厳守
役員と会話した内容や行動などを外部へ洩らさないことが絶対条件です。

 

 

B時間厳守
スケジュールの時間を守って移動できることが必要です。

 

 

そのため、移動地域の地理に詳しい人が求められます。
道路の事情に詳しいと心強いですからね。

 

 

C運転がうまいこと
人を乗せているので、安全運転が第一です。

 

 

急発進や急ブレーキ、急ハンドルなども行ってはいけません。

 

 

役員運転手の心得

 

役員運転手としての心得とは、何でしょうか。

 

 

 

役員運転手としての心得として言われていることのようです。

 

 

人を乗せて運転するドライバーの心得として、以下のことが大切です。

 

 

・人命を預かっていることを自覚し、慎重に安全に運転をすること
・決して油断をしないこと
・時間は確実に守れるよう努力をすること
・どんな場合でも冷静に判断すること
・自分の感情は、できるだけ出さないようにすること

 

 

タクシーの運転手とは違い、搭乗者を心地よく目的地まで届けるということだけが
役員運転手の仕事ではないことを心得ないといけません。

 

 

役員運転手は長く続けられるのか

 

役員運転手の仕事は、長く続けられるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手として採用される人の年齢は、45歳以降の人が多いようです。

 

 

なぜかというと、運転歴が長くないといけないという条件と役員と気が合う、
合わせられるという条件が多いので、どうしても高年齢となってしまうようです。

 

 

定年が60歳というのが多いので、50歳以降で採用されると、すぐに定年になって
しまうから、長く働けないと思うでしょう。

 

 

しかし、定年以降も働き続けられるところが多いようです。

 

 

それは、役員と気があった人を担当から外したくないというのが理由なようです。
なかなか会社にも役員にも合う人を探すのは、大変なのかもしれません。

 

 

収入もそれなりに貰えるかもしれません。

 

 

このように役員に気に入ってもらえれば、良いことが多いようです。
しかし、同じ役員ではなく違う役員の担当へ頻繁に変えられるところだと、役員と
気を合わせるのに時間がかかります。

 

 

気が合わない役員だと、精神的にも疲れてしまうので、役員運転手を止める人も
多いようです。

 

 

役員運転手の求人は、企業や団体が直接求人する場合と派遣会社が求人している
場合があります。

 

 

派遣会社だと、気が合わない役員なら配属先を変えてもらえるでしょう。

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/11/19 18:12:19

役員運転手になるための資格

 

役員運転手になるために資格は必要なのでしょうか。

 

 

 

役員運転手とは、企業や団体の役員を送迎する運転手の仕事です。

 

 

役員運転手になるために必要な資格は、自動車の第一種運転免許の
普通免許だけです。

 

 

普通免許には、ミッション車には乗れないAT(オートマチック)車限定と
いうものがあります。

 

 

役員運転手として求人している内容を見ると、AT限定でもOK!という
ところがほとんどのようです。

 

 

役員運転手として使用する車は、レクサスやセンチュリー、ベンツなどの
高級車が多いようです。
それらは、AT車がほとんどですからね。

 

 

タクシーやバスを運転する際に必要な第二種運転免許は必要ありません。

 

 

ただし、役員運転手の求人でタクシー会社が行っている場合があります。
タクシーの営業と役員運転手の営業を両方行わないといけない場合があると
思われます。

 

 

タクシー会社へ就職する場合は、第二種運転免許が必要となるかもしれません。

 

 

役員運転手には、普通免許を取得していれば応募できますが、他に条件が
あるところが多くあります。

 

 

役員運転手に必要な条件

 

役員運転手に必要な条件とは何でしょうか。

 

 

 

役員運転手に必要な資格は、普通免許だけですが、採用されるにはその他の
条件を満たさないといけません。

 

 

多くの役員運転手に求められる条件です。

 

 

@運転の経験が長いこと
運転の経験が長いということで、ていねいな運転ができるということを求めて
います。

 

 

急ブレーキや急発進をするような運転をするようでは、採用されないでしょう。

 

 

送迎する車はレクサスやセンチュリーなどの高級車が多いので、サイズの大きい
車の運転技術も求められます。

 

 

ベンツなどの外車の場合もあるので、左ハンドルの運転技術も求められることも
あります。

 

 

A無事故、無違反であること
最低3年以内は無事故、無違反であることが求められます。

 

 

 

B地理に詳しいこと
送迎する地理、道路事情に詳しいことが、求められます。

 

 

送迎する役員のスケジュールの時間通りに目的地へ到着することが、求められる
からです。

 

 

道が工事中で通行止めや渋滞の場合に、う回路を知っていることが重要です。

 

 

C人格的にしっかりしていること
以下のような人を求める会社が多いようです。

 

 

・礼儀正しい言葉遣いができ、品のある立ち居振る舞いができる方
・責任を持って守秘義務を貫ける方
・笑顔と気配りができる方

 

 

役員運転手は送迎する役員の性格に合わせる必要があります。
よって、年配の運転手の方が求人が多いようです。

 

 

一度、役員に気に入ってもらえれば、定年の年齢を超えても仕事を求められる
ことがあるそうです。

 

 

また、役員の会社の補佐をしないといけないことが多く、取引先へも役員の代わり
に行くということもあるそうです。

 

 

よって、社会人としての言葉遣いや気品や求められるのです。

 

 

D車の整備ができること
待機している時間に車の整備をしないといけません。

 

 

スケジュールで次の目的地へ行くまでに待機している間、車の清掃や整備を行い
途中で故障して止まってしまわないようにしないといけません。

 

 

 

役員運転手の心得

 

現役の役員運転手が心得としていることのようです。

 

 

 

担当する役員に対して、最大限の配慮を行わないといけないので、以下のような
ことを心得としているようです。

 

 

@朝の起床を確実にする為に、目覚まし時計を2個以上掛ける。
さらに心配の時は念の為、モーニングコールを頼んでおく。

 

 

A毎朝余裕をもって自宅を出発して、20〜30分前にはお客様の
自宅付近に到着しておき、車の清掃・トイレなどを済ませて、5〜10分前に
お客様の自宅前に車を着ける。

 

 

Bお客様お迎えのドアサービスを済ませたら、車の後ろを小走りに回って
運転席に着くようにする。

 

 

Cシートベルトは、発進前に装着する事。

 

 

Dお客様が、車をお降りになった後の席に忘れ物が無いか確認する。

 

 

Eお客様が、建物の中に入り姿が見えなくなるまで、その場でお見送りする。

 

 

F会社に到着した後、秘書または担当者と今日の予定を確認する。
又、小まめに確認し合う。

 

 

G車内の清掃は、新聞・雑誌は整理整頓、足元のマットはお客様が乗車の
時に必ず足元を見る為、毎回清掃するようにする。

 

 

Hタバコの吸殻入れは、タバコ一本でも必ず毎回清掃しておく。
(タバコを吸う方が、気持ち良く感じられるようにする。)

 

 

I運転サービス士の整髪料の香りや芳香剤などは、好き嫌いがあるので香り
の無いものを使用する。

 

 

J外出先で待機中に、電話が入ってきたら伝え忘れを防止する為に、用件を
メモすることを心がける。

 

 

Lゴルフの帰りなど足腰が疲れているときは、事前にスリッパなどを用意して
置き使用して貰うのも良い。

 

 

M守秘義務、業務上重要な情報は、一切他人に話をしない。

 

 

 

続きを読む≫ 2016/11/19 18:01:19

■役員運転手の求人

 

役員運転手の求人は、どのようなところから行っているのでしょうか

 

 

 

役員運転手は、企業の役員や公共団体の役員などのお客様を、一日の
スケジュールに合わせて送迎する仕事です。

 

 

役員運転手の求人は、求人広告や転職サイト、ハローワーク(職業安定所)
などで求人案内に掲載されている会社へ応募する方法があります。

 

 

求人広告や転職サイトで役員運転手として応募しているのは、派遣会社が
ほとんどのようです。

 

 

どこへ配置されるかは、その派遣会社が決定します。

 

 

一日の就業時間や休日などは、派遣会社で決まっています。
有給もあり、働きやすい環境であることを説明しています。

 

 

ただし、実際の勤務時間などは配置されたところで変わるかもしれません。

 

 

朝8時から夕方18時までの就業時間であっても、もっと早い時間に役員を
迎えに出勤しなければいけないかもしれません。

 

 

残業もあるでしょう。
しかし、残業代はちゃんと支給してくれるようです。

 

 

ただし、休日出勤もあるので給料をたくさん貰いたい人には良いですが
自分の時間を持ちたい人は、休みを削られる場合もあるので、つらいかも
しれません。

 

 

 

派遣会社ではなく、送迎する役員の企業に雇ってもらう方法があります。

 

 

一般的には募集はあまりしていないようです。

 

 

ハローワーク(職業安定書)では、募集があるかもしれません。
また、役員の会社に勤務している知人に紹介してもらうという方法があります。

 

 

役員運転手を募集する企業側は、派遣会社に依頼するか、タクシー会社へ依頼
するという方法をとっているようです。

 

 

役員と接する時間が多く、社外秘などの情報を口外されれば問題なので、
企業側が一般的に応募しないのではないでしょうか。

 

 

派遣会社へ就職するか、送迎する役員の企業へ就職するかはどちらがよいかは
わかりません。

 

 

役員の企業へ就職すると、企業の福利厚生の恩恵が受けられるでしょうが、
企業の業績悪化などで、送迎の運転手は不要と判断されると、クビになってしまう
かもしれません。

 

 

派遣会社だと、企業側が運転手は不要と言ってきた場合は、違う企業へ配置して
くれると思います。

 

 

■役員運転手の年収

 

役員運転手の年収はどれくらいでしょうか。

 

 

 

求人広告や転職サイトで一般に応募している役員運転手の給与は、派遣会社から
支払える給与となっています。

 

 

地域により差はありますが、労働時間は8:30〜17:30が基本です。
月収は45万円〜50万円で、年収は550万円〜600万円となっている
ようです。

 

 

この金額は、労働時間以外の残業時間の収入も含めての金額のようです。
時給や日給による条件での募集で、時給1200円、日給12000円という
募集のところがありました。

 

 

最初の3カ月間〜1年間は、給料は少なめということもあるそうです。

 

 

給料、労働時間は、配属される会社や役員によって大きく差があります。

 

 

待遇が良い会社で、労働時間が長い役員であれば、年収1000万円以上の稼ぎを
する人も多くいるそうです。

 

 

ただし、帰宅時間が深夜になったり、休日でも呼び出されたりするので、大変厳しい
労働となるかもしれません。

 

 

一日の予定を朝に打ち合わせして、スケジュールを組むのですが、予定が変更になったり
新しい送迎の予定が急に割り込まれることもあります。

 

 

■役員運転手の求人内容

 

役員運転手の募集の内容とは

 

 

 

役員運転手の募集の例です。

 

 

役員専属運転手 【1年目の平均月収は42万円】
仕事内容 高級車のハンドルを握って、普段では行かないような場所へ

 

 

お客様となるのは、大手企業の社長、役員、政治家など。いわゆるVIPと呼ばれる方々の送迎
が主な仕事です。

 

 

運転時間は意外と短く、一日平均4時間。ゆとりが持てる分、質の高いサービスについて
考えることが可能です。

 

 

最初はスポットの仕事で慣れていき、徐々に専属でご指名をいただけるよう、快適な
送迎サービスを提供してください。

 

 

【ハイヤー業務の種類は全部で4つ】
○専属…企業役員車の代用ハイヤー。同一車両・乗務員で役員を送迎。
○スポット…冠婚葬祭、会食、会合など、その時々のニーズに合わせた送迎。
○ゴルフ送迎…ゴルフを楽しまれるお客様を自宅からゴルフ場まで送迎。
○定期送迎…社長や役員の方々の通勤など、定期的な送迎。

 

 

※また、役員車運転手のアウトソーシングとしてお客様の車両を管理運行する業務もあります。

 

 

【ステータス感が味わえます】
◆運転する車/レクサス、クラウン、プレジデント、センチュリー…
◆お客様/大手企業の社長・役員、弁護士、海外からの要人、国会議員、芸能人、スポーツ選手…
◆送迎先/VIP専用のゴルフ場、五つ星ホテル、高級料亭、 国会議事堂、 大使館、 TV局、 空港…
応募資格 学歴不問 【未経験者・第二新卒者歓迎】

 

 

■1種免許取得3年以上の方(AT限定OK)
※ハイヤー運転に必要な二種免許は、独自の研修により【最短9日間】で取得することができます。
■接客・営業など、人と接する仕事のご経験のある方
※あらゆる業界からの転職者が活躍しています

 

 

続きを読む≫ 2016/04/01 18:24:01

■役員運転手とタクシー運転手の違い

 

役員運転手とタクシー運転手の違いは何でしょう。

 

 

 

役員運転手とは、企業の役員や公的団体の役員の送迎を行う仕事です。

 

 

タクシー運転手は、希望の行き先へお客様を送迎する仕事です。

 

 

どちらも車を運転して、目的地まで人を送迎する仕事ですが、
それぞれの違いを項目別に示します。

 

 

@仕事時間(労働条件など)の違い

 

 

一番の違いは、運転している時間でしょう。

 

 

役員運転手は、次への移動まで待機する時間がありますが、タクシー運転手
は、駅前や病院など決まった場所で待機することもあるでしょうが、移動
している時間ははるかに多いと思います。

 

 

役員運転手は、大体は会社が始まる朝から、会社が終わる夕方までの
仕事です。

 

 

タクシー運転手は、シフトはあるでしょうが、深夜や朝までという不規則な
勤務時間となることがあります。

 

 

A給料面での違い

 

 

どちらも基本給はあります。(個人タクシーは無いですが)
どちらが多いかは、会社によって異なります。

 

 

タクシー運転手は、お客を送迎した売り上げ分が加算されます。
忙しいエリアであれば、高額な給料となるでしょう。

 

 

役員運転手には残業があった場合に、残業分が加算されます。

 

 

会社が終わった後、会合や打ち合わせなどで食事へ行く場合などに規定時間
を超えての労働となります。

 

 

高額な給料がもらえるかもしれないですが、役員運転手の方が安定はしている
でしょう。

 

 

B送迎では、どちらが楽しい?

 

 

どちらも乗車している人に気を使って仕事をしないといけません。

 

 

役員運転手は、決まった人間を送迎するので、気が合う人間だと仕事も楽に
思えるでしょう。

 

 

逆に、必要以上に気を使わなければならない人間であれば、疲れます。

 

 

タクシー運転手は、だれを送迎するかはわかりません。
ほとんど、見知らない人間を送迎することとなります。

 

 

最近は、タクシー強盗などもあるので、気を抜けない状態が続くかも
しれません。

 

 

しかし、色々な人と会話したりするのが好きな人は、タクシー運転手に
やりがいを感じているでしょう。

 

 

役員運転手は、会話が多すぎると嫌われる傾向にあるようです。

 

 

■それぞれの仕事のイメージ

 

役員運転手、タクシー運転手のそれぞれの仕事のイメージは?

 

 

 

役員運転手は、普段接することが無いので、よくわからない職業のひとつ
でしょう。

 

 

役員運転手は、アニメ「ちびまるこちゃん」に登場するお金持ち、花輪君を
車で送迎する秀じいのイメージでしょうか。

 

 

いつも上品で、やさしいイメージがあります。
ホテルのボーイにも近いかもしれません。

 

 

しかし、お金持ちのお偉いさんを乗せているので、近づきつらいイメージが
あります。

 

 

タクシー運転手は、リストラされたりや定年退職後のおじさんのイメージが
あります。

 

 

一般車両に嫌がらせをしたり、下品な言葉遣いをするトラックの運転手にも
似たイメージがあるかもしれません。

 

 

しかし、最近では若い女性のタクシー運転手も増えてきているようです。

 

 

近年不況で、タクシー業界も厳しいイメージがあります。

 

 

しかし、場所にもよりますが、お年寄りや観光客が増えたためか、タクシー業界
の売り上げは伸びているようです。

 

 

役員運転手の求人も増えてきているようです。

 

 

 

■役員運転手の仕事内容

 

役員運転手はどのような仕事を行っているのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の仕事は、担当の役員を送迎することですが、それに伴う細かな配慮が
必要となっています。

 

 

・待たせないようにする
余裕をもって早めに到着することが大切です。

 

 

・一日のスケジュールを把握する
最初に打ち合わせで一日のスケジュールを確認し、それを守ることに専念する。

 

 

・待機している時間を大切にする
待機している時間に、スケジュールを確認したり、車の掃除などを行う。

 

 

・突然の予定変更にも対応できるようにする
最初のスケジュールからの予定が突然変更になっても、即座に対応できる
ようすることが大切です。

 

 

・お客様への心配りを大切に
お客様との人現関係を構築するのが大切です。 信頼をもらうのが一番
大切です。

 

 

■タクシー業務の多角化

 

タクシー業界は、今までには行っていない分野への介入を行っています。

 

 

 

タクシー業界では、幅広い分野での輸送を目的として事業に介入しています。

 

 

@介護・福祉タクシー
身体障害者や高齢者などの人を対象とするタクシーです。

 

 

対象の人を病院などに送迎することを行います。
ホームヘルパーや救急講習などの公的資格を取得させているところもあるそうです。

 

 

車いすを乗せたりする対応も行っているところもあります。

 

 

A運転代行業
飲酒などで、自分の車が運転できなくなった人を車も一緒に送迎するシステムです。

 

 

飲酒運転での罰則が厳しくなっているので、多くの人が利用するようになったシステム
です。

 

 

B地域防犯・防災の役割をするタクシー
タクシーの無線による連絡手段を利用した地域貢献の役割を行う事業です。

 

 

警察とも無線連絡ができるシステムを導入しているところもあるそうです。

 

 

最近は防犯ビデオを録画しているタクシーも多いので、犯人の捜査に役に立っている
ようです。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2016/04/01 18:24:01

■役員運転手の仕事内容は?

 

役員運転手の仕事とは、どのようなことを行うのでしょうか。

 

 

 

 

役員運転手とは、企業の役員や議員、公的団体の役員などを送迎する仕事
です。

 

 

役員を自宅まで迎えに行き、仕事やプライベートでの希望の場所へ送迎し
最後にまた自宅まで送るという仕事内容となります。

 

 

しかし、実際の内容は、担当する役員によって変わってきます。
担当した役員の希望通りの送迎を行わなければいけないからです。

 

 

一日の送迎の予定は、自宅へ迎えに行った後の打ち合わせで通知されます。

 

 

その後、変更もあるでしょうが、まずは決められた時間通りに送迎を行う
ということが、一番の仕事となります。

 

 

勤務時間は、一応決められていますが、役員の都合により残業はあるでしょう。
休日出勤というのも多いようです。

 

 

また、仕事の内容としては送迎だけではありません。

 

 

役員が車に乗り降りする際のドアの開け閉め、待機時間や業務終了時には、
車の整備や清掃も行わなければいけません。

 

 

時には、書類の整理や手紙、荷物の発送作業なども支持されるかもしれません。

 

 

仕事の内容でのハードさ、残業や休日出勤だけでなく、雑務や勤務態度、服装
などに及ぶまでの仕事の内容は、担当する役員により大きく変わります。

 

 

■役員運転手の残業

 

役員運転手には残業があるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の雇われ先は、役員の会社に直接雇われることもあるかもしれませんが、
大体は、ハイヤー会社からの派遣となるようです。

 

 

勤務時間は、役員の会社やハイヤー会社のどちらの場合でも決められています。
しかし、役員の都合により残業や休日出勤を課せられます。

 

 

役員により残業の程度も変わってきます。
夜に食事をして、その後に自宅まで送迎しないといけないとなると何時になるか
分からない場合もあるでしょう。

 

 

担当の役員によっては、帰りはタクシーを使うから帰宅しても良いなどと言われる
かもしれません。

 

 

帰宅の最後まで送らないといけない場合は、お酒好きの役員であれば、遅くまで
残業しないといけないかもしれません。

 

 

規定の作業時間での基本給はあまり多くなくても、残業代で収入が増えるという
ことが多くあるようです。

 

 

役員運転手の仕事が自分に合っているか、続けることができるかという判断は
担当する役員によって変わってくると思われます。

 

 

もちろん、担当を変えてもらうことは可能でしょうが・・

 

 

■役員運転手が仕事中に配慮すること

 

役員運転手の仕事は、送迎だけではありません。

 

 

 

 

役員運転手の仕事は、担当した役員を自宅から目的地への送迎だけではありません。
一番は、担当の役員に気に入ってもらうことが大切です。

 

 

そのために、時間厳守はもちろん、服装から勤務態度、言葉遣いなどまで配慮する
必要があります。

 

 

主に心がけないといけない事は次のような事があります。

 

 

@時間の厳守
自宅へ迎えに行く時から、仕事やプライベートでの目的地への移動は、スケジュール
通りの時間を厳守する必要があります。

 

 

そのため、余裕を持っての移動は必要ですが、道混んでいれば抜け道を知っていないと
いけません。

 

 

A乗車時の配慮
担当の役員が車へ乗り降りする際には、ドアの開け閉めを行ったり、荷物も運ぶ
必要があります。

 

 

ゴルフなどの帰りには、足がむくまないようにスリッパなどを用意することも必要
だそうです。

 

 

また、車の清掃もきちんと行っていないといけません。

 

 

B秘密の厳守
担当役員の仕事の内容やプライベートなことは、絶対他へ漏らしてはいけません。

 

 

担当役員と仲良くなるため会話も大切ですが、不快になるような余計なことを
話したりしないようにすることも配慮しておくことです。

 

 

C運転の丁寧さ
乗り心地をよくするために、急発進や急ブレーキはもちろん行ってはいけません。

 

 

車に乗車する人が担当の役員だけでなく、他の客人も乗車することも多いので
配慮が必要です。

 

 

事故を起こさないための配慮はもちろんですが、運転態度もチェックされるので
気をつけないといけません。

 

 

独り言でも対向車に文句を言ったりしてはいけません。

 

 

■残業の扱いについて

 

残業を行った場合の扱いについて。

 

 

 

役員運転手も就業時間は決められていますが、残業を行わないといけないことは
多くあるでしょう。
その場合の会社の扱いはどうなっているでしょうか。

 

 

近年の不況では、残業をしても残業代が支払われないということが多くあるようです。

 

 

役員運転手の仕事でも残業代の扱いについては、異なる場合があるようです。

 

 

役員運転手として雇われた先が、ハイヤー会社であった場合は、残業代の支払い
は行われるかもしれません。

 

 

しかし、担当する役員の会社へ雇用された場合は、会社によって対応が変わって
くるかもしれません。

 

 

待機する時間が多いという理由で、残業代は少なくなるという会社もあるかも
しれません。

 

 

休日でも出勤を要請されることもあるでしょう。

 

 

残業に関する扱いの内容を、最初に契約会社からきちっと確認することが必要
なのです。

 

 

続きを読む≫ 2016/04/01 18:24:01

■役員運転手に必要なスキルとは

 

役員運転手になるために必要なスキルは何でしょうか。

 

 

 

役員運転手とは、企業や公的団体の役員を車で送迎する仕事です。

 

 

シフトはあるでしょうが、朝から夜まで役員のスケジュールに
合わせて送迎しなければいけません。

 

 

役員運転手になるためには、特別な資格は必要ありません。
第一種免許(普通免許)があれば大丈夫です。
タクシー運転手には必要な第二種免許は必要ありません。

 

 

ただし、運転歴の長く運転技術が高いことが要求されます。

 

 

その他、役員運転手になるために必要となるスキルがいくつか
あります。

 

 

@運転の経験が長いこと
運転歴が長いほど優遇してくれると思います。
ただし、運転技術が未熟だったり、粗い運転をするようなら、ダメでしょう。

 

 

A事故や違反歴が無いこと
過去3〜5年間に事故や違反が無いことが条件となることが多いです。

 

 

B地理(道路)に詳しいこと
現在はカーナビがありますが、送迎するエリアの地理に詳しいことが
喜ばれます。 抜け道などを知っていれば、なお喜ばれるでしょう。

 

 

C車の整備ができること
待機中などに車の点検や清掃を行うことが、作業の一つとなります。

 

 

車の整備ができれば、心強いでしょう。

 

 

D人間的に優れていること
役員運転手の求人で、応募の条件として次のことが書いていました。

 

 

・どんな時でも沈着冷静でいられる方
・人格があり、マナー・守秘義務が守れる方
・ホテルのドアマンの雰囲気を持った方

 

 

■高級車をうまく運転するコツ

 

高級車をうまく運転する場合に気をつけないといけないことは。

 

 

 

役員の送迎に使う車は、高級車がほとんどです。
しかも大型の車が多いので、普段に乗っている車と異なる場合は
非常に運転しずらいかと思います。

 

 

うまく運転するためのコツはないのでしょうか。

 

 

こすったりして傷を付けないように高級車に運転するコツです。

 

 

@車の大きさを確かめる
自分が乗っている車との差を知ることが大切です。

 

 

狭い曲がり角の路地や駐車場に車を移動する際には、感覚を知っていないと
こする場合があります。

 

 

実際に送迎の業務を始める前に、感覚を確かめることが大切です。

 

 

車体の高さも心得ていないと、運転の際に車体の前後の距離感がつかめない
ことがあります。

 

 

Aタイヤの位置を知る
車のタイヤの位置を運転席から把握することが大切です。

 

 

S字カーブなどを通る際には、タイヤの位置がわかっていないとハンドルを
切るタイミングがずれれば、脱輪してしまいます。

 

 

自動車教習所で練習できればよいのですが、タイヤの位置を把握していると
役立ちます。

 

 

B左ハンドルでの感覚をつかむ
外車では、ほとんどが左ハンドルとなっています。

 

 

いつもの右ハンドルとは左右の間隔が異なるので、特に対向車線の車と
すれ違う右側の距離の間隔をつかむことが大切です。

 

 

C運転席での操作方法を確認しておく
サドルの操作方法だけでなく、補助機器の操作方法も確認しておきましょう。

 

 

方向指示器(ウィンカー)、ワイパー、ヘッドライトランプ、ハザードランプ、
パーキングブレーキなどの操作位置を知っておくことが大切です。

 

 

左ハンドルの車だと、ウィンカーとワイパーの位置が右ハンドルとは逆になるので
注意が必要です。

 

 

Dアクセル、ブレーキの利き具合を知っておく
アクセルやブレーキを踏む際に、どれだけの遊びエリアがあるか、それぞれの効き具合
を知っておくことが大切です。

 

 

急発進や急ブレーキを行ないように心がけましょう。

 

 

Eドアやトランクの開け具合を知っておく
ドアを開ける際のスペースを知っておくこと。 トランクの大きさを知っておくことも
大切です。

 

 

ドアを開ける際に、高さやどれぐらい幅が必要かを知っておかないと、縁石にこすったり
するので注意しましょう。

 

 

■役員運転手の心得

 

役員運転手としての心得です。

 

 

 

人を乗せて運転するドライバーの心得として、以下のことが大切です。

 

 

・人命を預かっていることを自覚し、慎重に安全に運転をすること
・決して油断をしないこと
・時間は確実に守れるよう努力をすること
・どんな場合でも冷静に判断すること
・自分の感情は、できるだけ出さないようにすること

 

 

タクシーの運転手とは違い、搭乗者を心地よく目的地まで届けるということだけが
役員運転手の仕事ではないことを心得ないといけません。

 

 

■役員運転手の仕事内容

 

役員運転手はどのような仕事を行っているのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の仕事は、役員であるお客様を送迎することですが、それだけでは
ありません。

 

 

・時間厳守を心がけること
お客様を待たせないようにする。 余裕をもって準備することが大切です。

 

 

・一日のスケジュールを把握する
最初に打ち合わせを行い、スケジュールを確認し、それを守ることに専念する。

 

 

・待機している時間を大切にする
待機している時間に、スケジュールを確認したり、車の掃除などを行う。

 

 

・突然の予定変更にも対応できるようにする
最初のスケジュールからの予定が突然変更になっても、即座に対応できる
ようすることが大切です。

 

 

・お客様への心配りを大切に
お客様との人現関係を構築するのが大切です。 秘密を厳守し、信頼をもらうのが
一番大切です。

 

 

続きを読む≫ 2016/04/01 18:23:01

■役員運転手になるには資格は必要?

 

役員運転手になるためには資格などが必要なのでしょうか。

 

 

 

役員運転手とは、企業や公的団体の役員を車で送迎する仕事です。
一人の役員につき、一人の運転手の担当となります。

 

 

タクシーとは異なり、第二種免許を取得しないとなれないものではありません。
役員の企業や公的団体との契約となり、第一種免許(普通免許)を取得していれば、
大丈夫です。

 

 

ただし、送迎する役員の仕事や生活のリズムに合わせた対応をしないといけません。

 

 

自宅へ迎えに行って、仕事中の移動、夜の飲食、帰宅の送迎まで一日中対応しないと
いけない場合がほとんどです。

 

 

また、車の乗り降りやマナーなど役員への配慮も必要となります。

 

 

■役員運転手に要求されること

 

役員運転手になるために要求されることとは、

 

 

 

役員運転手になるために要求されるのは、以下のことのようです。

 

 

@運転免許を取得していること
普通免許(第一種免許)を取得していること。 車を運転するのですから当たり前
ですが、AT限定で良いかどうかは相手先の車の種類次第でしょうか。

 

 

A運転の経験が長いこと
運転歴が長いほど優遇してくれると思います。
ただし、運転技術が未熟だったり、粗い運転をするようなら、ダメでしょう。

 

 

現在はカーナビがありますが、地理や道路に詳しければ優遇されるでしょう。

 

 

B事故や違反歴が無いこと
過去3年〜5年間に事故や違反歴が無いことが望ましいでしょう。

 

 

事故や違反歴があれば、書類判定で落とされるかもしれません。

 

 

C信頼がおける人物であること
送迎を行っていると、役員の知られたくない秘密もわかってくるものですが
他人に口を滑らさないことが大事です。

 

 

担当する役員の信頼を得ることが一番の条件です。

 

 

■役員運転手の仕事内容

 

役員運転手はどのような仕事を行っているのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の仕事は、役員であるお客様を送迎することですが、それだけでは
ありません。

 

 

・お客様を待たせないようにする
余裕をもって準備することが大切です。

 

 

・一日のスケジュールを把握する
最初に打ち合わせでスケジュールを確認し、それを守ることに専念する。

 

 

・待機している時間を大切にする
待機している時間に、スケジュールを確認したり、車の掃除などを行う。

 

 

・突然の予定変更にも対応できるようにする
最初のスケジュールからの予定が突然変更になっても、即座に対応できる
ようすることが大切です。

 

 

・お客様への心配りを大切に
お客様との人現関係を構築するのが大切です。 信頼をもらうのが一番
大切です。

 

 

■どのようにして応募するか

 

役員運転手になるには、どこへ応募すればよいのでしょうか。

 

 

 

役員運転手に応募するための方法です。

 

 

@求人広告や転職サイト、ハローワーク(職業安定所)で探す
求人案内に掲載されている会社へ応募する方法です。

 

 

A知人に紹介してもらう
役員運転手を募集している会社に知人がいれば、力強いでしょう。
いわゆるコネというものですね。

 

 

現在、役員運転手を行っている人から紹介してもらうのもよい方法
でしょう。

 

 

B社内で移動してもらう
もし現在、会社に勤務していて自分の会社の役員の役員運転手に
なりたい場合は、人事部などに相談してみる方法です。

 

 

■役員運転手の心得

 

現役の役員運転手が心得としていることのようです。

 

 

 

@朝の起床を確実にする為に、目覚まし時計を2個以上掛ける。
さらに心配時は念の為、モーニングコールを頼んでおく。

 

 

A毎朝余裕をもって自宅を出発して、20〜30分前にはお客様の
自宅付近に到着しておき、車の清掃・トイレなどを済ませて、5〜10分前に
お客様の自宅前に車を着ける。

 

 

Bお客様お迎えのドアサービスを済ませたら、車の後ろを小走りに回って
運転席に着くようにする。

 

 

Cシートベルトは、発進前に装着する事。

 

 

Dお客様が、車をお降りになった後の席に忘れ物が無いか確認する。

 

 

Eお客様が、建物の中に入り姿が見えなくなるまで、その場でお見送りする。

 

 

F会社に到着した後、秘書または担当者と今日の予定を確認する。
又、小まめに確認し合う。

 

 

G車内の清掃は、新聞・雑誌は整理整頓、足元のマットはお客様が乗車の
時に必ず足元を見る為、毎回清掃するようにする。

 

 

Hタバコの吸殻入れは、タバコ一本でも必ず毎回清掃しておく。
(タバコを吸う方が、気持ち良く感じられるようにする。)

 

 

I運転サービス士の整髪料の香りや芳香剤などは、好き嫌いがあるので香り
の無いものを使用する。

 

 

J外出先で待機中に、電話が入ってきたら伝え忘れを防止する為に、用件を
メモすることを心がける。

 

 

Lゴルフの帰りなど足腰が疲れているときは、事前にスリッパなどを用意して
置き使用して貰うのも良い。

 

 

M守秘義務、業務上重要な情報は、一切他人に話をしない。

 

 

続きを読む≫ 2016/04/01 18:23:01