役員運転手の将来性

 

役員運転手の職業は将来どうなるのでしょうか。

 

 

 

企業や団体の役員を、一日のスケジュールに合わせて送迎する仕事
が役員運転手です。

 

 

役員運転手という仕事は、将来少なくなるのでしょうか、それとも
増えてくるのでしょうか。

 

 

景気が悪くなり、企業や団体に役員運転手を雇う余裕が無くなるという
ことは、もちろん考えられます。

 

 

地域的に優良企業が多い所だと、求人も多いでしょうが、優良企業が
少ないと、求人も減ってくるかもしれません。

 

 

しかし、はっきりとは言えませんが、全体的には役員運転手の求人は
増えてくるであろうと思われます。

 

 

その理由としては、以下のことが考えられます。

 

 

@役員の高齢化
優秀な人は定年を過ぎても会社はいて欲しいようです。

 

 

A一日のスケジュールが増える
企業の運営に迅速な対応が求められています。

 

 

会議や打ち合わせなどを早く行い、方針を決定しないと運営に支障が
でるので、一日に移動する回数が増えてくるでしょう。

 

 

B会社は便利な人材を求めている
役員運転手は、車を運転するだけでなく違う仕事を任せられます。

 

 

役員の代わりに訪問したり、打ち合わせしたりすることもあるそうです。

 

 

会社の事業内容を理解し、困った時に助けてくれる人材を探している
ようです。

 

 

役員運転手に求められる人材

 

役員運転手には、どのような人材が求められるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手の求人で、次のような人を募集していました。

 

 

・礼儀正しい言葉遣いができ、品のある立ち居振る舞いができる方
・責任を持って守秘義務を貫ける方
・運転が得意な方
・笑顔と気配りができる方

 

 

この役員運転手を募集している会社は、役員の送迎だけでなく役員の会社の
取引先へ役員の代わりに打ち合わせへ行くこともあると書いていました。

 

 

会社員として外部から見られても、見劣りしないような人材を求めている
ようです。

 

 

また、別の求人でも、応募の条件として次のことが書いていました。

 

 

・どんな時でも沈着冷静でいられる方
・人格があり、マナー・守秘義務が守れる方
・ホテルのドアマンの雰囲気を持った方

 

 

ずいぶん堅苦しいような感じがしますね。

 

 

しかし、一般的に役員運転手として求められるのは、以下にあてはまる
ような人のようです。

 

 

@役員と気が合うこと
車中では二人っきりになる場合がほとんどなので、役員と合わせられる人を
求めています。

 

 

A秘密厳守
役員と会話した内容や行動などを外部へ洩らさないことが絶対条件です。

 

 

B時間厳守
スケジュールの時間を守って移動できることが必要です。

 

 

そのため、移動地域の地理に詳しい人が求められます。
道路の事情に詳しいと心強いですからね。

 

 

C運転がうまいこと
人を乗せているので、安全運転が第一です。

 

 

急発進や急ブレーキ、急ハンドルなども行ってはいけません。

 

 

役員運転手の心得

 

役員運転手としての心得とは、何でしょうか。

 

 

 

役員運転手としての心得として言われていることのようです。

 

 

人を乗せて運転するドライバーの心得として、以下のことが大切です。

 

 

・人命を預かっていることを自覚し、慎重に安全に運転をすること
・決して油断をしないこと
・時間は確実に守れるよう努力をすること
・どんな場合でも冷静に判断すること
・自分の感情は、できるだけ出さないようにすること

 

 

タクシーの運転手とは違い、搭乗者を心地よく目的地まで届けるということだけが
役員運転手の仕事ではないことを心得ないといけません。

 

 

役員運転手は長く続けられるのか

 

役員運転手の仕事は、長く続けられるのでしょうか。

 

 

 

役員運転手として採用される人の年齢は、45歳以降の人が多いようです。

 

 

なぜかというと、運転歴が長くないといけないという条件と役員と気が合う、
合わせられるという条件が多いので、どうしても高年齢となってしまうようです。

 

 

定年が60歳というのが多いので、50歳以降で採用されると、すぐに定年になって
しまうから、長く働けないと思うでしょう。

 

 

しかし、定年以降も働き続けられるところが多いようです。

 

 

それは、役員と気があった人を担当から外したくないというのが理由なようです。
なかなか会社にも役員にも合う人を探すのは、大変なのかもしれません。

 

 

収入もそれなりに貰えるかもしれません。

 

 

このように役員に気に入ってもらえれば、良いことが多いようです。
しかし、同じ役員ではなく違う役員の担当へ頻繁に変えられるところだと、役員と
気を合わせるのに時間がかかります。

 

 

気が合わない役員だと、精神的にも疲れてしまうので、役員運転手を止める人も
多いようです。

 

 

役員運転手の求人は、企業や団体が直接求人する場合と派遣会社が求人している
場合があります。

 

 

派遣会社だと、気が合わない役員なら配属先を変えてもらえるでしょう。